ページの先頭です

【伝統産業編】第1問の答え

[2020年5月28日]

 (1) マユ(繭)

  一般には鱗翅類類の昆虫のうち,いわゆるガ (蛾) に属するものが化するとき糸を吐き出してつくる殻状の巣をいう。

 普通は蚕 (→カイコガ ) のつくるものをさし,生糸,絹製品の原料となる。

 繭を構成する繊維を4~11本引きそろえて生糸とする。

 蚕の繭は俵形,楕円形,球形,紡錘形などで,色は白色,肉色,紅色,黄色,緑色,その中間色,濃淡さまざまであるが,日本種は俵形で白または黄色。 (ブリタニカ国際百科事典より抜粋)

  

蚕の世話の様子(昭和40年ころ『秋川の百年』より)

養蚕棚(昭和11年『秋川の百年』より)

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所 教育部 生涯学習推進課
公民館係 042-559-1221

ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)