ページの先頭です

【近世編】第4問の答え

[2020年6月23日]

3 闍婆菜(じゃばな)

  郷土の古文書17へhttp://www.city.akiruno.tokyo.jp/cmsfiles/contents/0000001/1225/sono17.pdf

  

のらぼう菜とは、江戸時代から五日市地区で栽培されてきた特産物です。ビタミン豊富・無農薬で、収穫は2月~4月に行われ、店先や即売所に並びます。
くせが無く茎まで柔らかいので、胡麻和えやおひたしなど、シンプルな味付けのものに最適です。また、「秋川渓谷物語」という地域ブランドとして認定されている加工品の「のらぼうそば」「のらぼううどん」もあります。

「野良坊の碑」子生神社境内

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所教育部生涯学習推進課

電話: 生涯学習係 内線3011/文化財係(五日市郷土館 042-596-4069)/公民館係042-559-1221

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)