ページの先頭です

独自利用事務について

[2018年12月20日]

独自利用事務について

独自利用事務とは

 マイナンバー法に規定された事務(いわゆる法定事務)以外で独自にマイナンバーを利用する事務については、(以下、「独自利用事務」という。)マイナンバー法第9条第2項に基づき条例で定めることとされています。

 これに基づき、当市では、「あきる野市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例」を制定し、独自利用事務を定めています。

 この独自利用事務のうち、個人情報保護委員会規則で定める要件を満たすものについては、情報提供ネットワークシステムを使用した他の地方公共団体等との情報連携が可能とされています。(マイナンバー法第19条第8号)
※但し、「地方税関係情報」の情報連携については、申請者等本人の同意に基づき情報照会が行われることとなります。

独自利用事務の情報連携に係る届出について

 当市の独自利用事務のうち、情報連携を行うものについては、次のとおり個人情報保護委員会に届出を行っており、承認されています。
独自利用事務
 執行機関届出番号 独自利用事務の名称 届出書及び根拠規範
市長

 1

生活に困窮する外国人に対する生活保護法(昭和25年法律第144号)に準じて行う保護の決定及び実施、就労自立給付金の支給、保護に要する費用の返還または徴収金の徴収に関する事務であって規則で定めるもの届出書及び根拠規範(市長1)
市長2あきる野市児童育成手当条例(平成7年あきる野市条例第78号)による児童育成手当の支給に関する事務であって規則で定めるもの(ひとり親)届出書及び根拠規範(市長2)
市長3あきる野市乳幼児の医療費の助成に関する条例(平成7年あきる野市条例第79号)による乳幼児に対する医療費の助成に関する事務であって規則で定めるもの届出書及び根拠規範(市長3)
市長4あきる野市ひとり親家庭等の医療費の助成に関する条例(平成7年あきる野市条例第80号)によるひとり親家庭等に係る医療費の助成に関する事務であって規則で定めるもの届出書及び根拠規範(市長4)
市長5あきる野市義務教育就学児の医療費の助成に関する条例(平成19年あきる野市条例第11号)による児童に係る医療費の助成に関する事務であって規則で定めるもの届出書及び根拠規範(市長5)
市長6東京都重度心身障害者手当条例(昭和48年東京都条例第68号)による重度心身障害者手当の支給に関する事務であって規則で定めるもの届出書及び根拠規範(市長6)
市長障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律施行細則(平成18年東京都規則第12号)による精神通院医療費の助成に関する事務であって規則で定めるもの届出書及び根拠規範(市長7)
市長8あきる野市児童育成手当条例(平成7年あきる野市条例第78号)による児童育成手当の支給に関する事務であって規則で定めるもの(障害児)届出書及び根拠規範(市長8)

 市長

9あきる野市ひとり親家庭等の医療費の助成に関する条例(平成7年あきる野市条例第80号)によるひとり親家庭等に係る医療費の助成に関する事務であって規則で定めるもの届出書及び根拠規範(市長9)

教育委員会

1学校教育法(昭和22年法律第26号)に基づく就学援助費の支給に関する事務であって規則で定めるもの届出書及び根拠規範(教育1)

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所総務部情報システム課

電話: 情報システム係 内線2351、2352

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)