ページの先頭です

横田基地における演習の実施等について

[2021年10月15日]

横田基地における演習の実施等について

 横田防衛事務所から、以下のとおり横田基地における演習の実施等について、情報提供がありましたので、お知らせいたします。

横田防衛事務所からの情報提供 10月8日 午後2時39分

○ 演習の名称
 サムライ即応監査(SRI: Samurai Readiness Inspection)

○ 日程
 令和3年10月18日(月曜日)~同年10月29日(金曜日)(土日を除く)
 通常の運用時間帯(0600-2200)の範囲で実施予定
 ただし、10月25日(月曜日)~29日(金曜日)は24時間体制で実施予定

○ 内容
 実施に伴う航空機の運用
 ・通常よりも運用が増える予定であるが、外来機の使用はない予定
 ・CV-22の使用はない予定
 PAS、GBS及び煙幕等の使用
 ・PAS、GBS及び煙幕を使用予定
 ・バッシュキャノンを使用する可能性あり

○ その他
 ゲートを閉鎖するが、短時間で一時的な閉鎖の予定
 10月25日(月曜日)以降、通常の運用時間帯の範囲で空砲を使用する予定
 演習終了の通報を行う予定
 演習等の予定については、諸事情により変更される場合あり

○ 北関東防衛局における対応
 北関東防衛局から米軍に対し、本演習の実施に当たっては、日米合同委員会合意を遵守するとともに、周辺住民に与える影響を最小限にとどめるよう配慮を申し入れた。

(参考)

・SRI:Samurai Readiness Inspection (サムライ即応監査)
 有事における即応態勢の維持強化及びORE※に対する監査。
 ※ORE:Operational Readiness Exercise(運用即応演習)
 仮想戦闘環境における基地の機能テストであり、テロ攻撃や航空機又は地上戦闘力等による基地への攻撃を想定し、実践的な即応態勢をとることを訓練するもの。

・PAS(Public Address System):パブリック・アドレス・システム
 以前は、ジャイアントボイスと呼んでいたもので、大音響の出る特殊なスピーカを使用し、サイレンや広報を行なう。

・GBS(Ground Burst Simulator):グラウンド・バースト・シミュレーター
 地上爆発模擬装置。金属製の容器内で爆発物を破裂させ、爆発音を発生させる。

・バッシュキャノン(Bash Cannons):滑走路上の鳥を追い払うための、疑似音を出す装置

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所企画政策部企画政策課

電話: 内線2211、2212 ファックス: 042-558-1113

お問い合わせフォーム


横田基地における演習の実施等についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)