ページの先頭です

令和2年10月1日よりロタウイルスワクチン予防接種が定期接種に追加されます。

[2020年8月6日]

ロタウイルスワクチン予防接種が定期接種化されます。

ロタウイルスワクチン予防接種が全額公費(無料)で接種できるようになります。

ロタウイルス胃腸炎は、感染力が非常に強く、手洗いや消毒をしっかり行っても感染予防をすることが難しいため、ほとんどの子どもが5歳までに1度は経験するといわれています。乳幼児のときに感染すると重症化しやすく、入院による治療が必要になる場合もあります。激しいおう吐や下痢が7日程度続き、ほかの胃腸炎よりも症状が治まるまでに時間がかかります。また、ロタウイルスへの根本的な治療はありません。重症化を防ぐため、予防接種を受けることをおすすめします。

定期接種の開始日

令和2年10月1日(木曜日)

※ 令和2年9月30日(水曜日)までは任意接種ですので、自費となります。

定期接種の対象者

令和2年8月1日以降に生まれたお子さん (対象者には個別に通知します。)

ワクチンの種類について

ロタウイルスワクチンは、(1価)ロタリックスと(5価)ロタテックの2種類があり、いずれも経口生ワクチンです。医療機関で相談し、どちらかのワクチンをお選びください。それぞれ接種可能期間と必要回数が異なります。1回目に接種したワクチンと同じもので、規定の回数を接種する必要があります。

(1価)ロタリックス

  • 接種時期  生後6週0日~24週0日に至るまで
  • 接種回数  2回(初回は、生後14週6日までに接種してください。)
  • 接種間隔  27日以上の間隔をあける

(5価)ロタテック

  • 接種時期  生後6週0日~32週0日に至るまで
  • 接種回数  3回(初回は、生後14週6日までに接種してください。)
  • 接種間隔  27日以上の間隔をあける

接種可能な医療機関

現在調整中です。決まり次第、お知らせします。

注意点

ワクチンを接種する前

ロタウイルスワクチンは飲むワクチンですので、赤ちゃんのお腹がいっぱいだと上手に飲めない場合があります。接種前30分ほどは授乳を控えてください。

ワクチンを接種した後

接種直後は、医療機関で30分ほど様子を見てから帰宅してください。また、腸重積症と思われる症状(おう吐を繰り返す、ぐったりして元気がない、泣いたり不機嫌になったりを繰り返す、血便が出る)が見られた場合は速やかに医師の診察を受けてください。ワクチン接種後2週間ほどは、赤ちゃんの便の中にワクチンのウイルスが含まれることがあります。おむつ交換のあとは、丁寧に手を洗ってください。

なぜ初回を14週6日までに接種を完了したほうがよいのか

生後14週6日を過ぎてロタウイルスワクチンを接種した場合、腸重積症が起こるリスクがわずかに増加する傾向があるとされています。腸重積症とは、腸の一部がほかの部分に入り込んでしまう緊急性の高い病気です。0歳児の場合、ワクチン接種の有無にかかわらずかかることの多い病気ですが、発症のリスクを抑えるため、ロタウイルスワクチンの初回は14週6日までに接種を終えることをおすすめします。

関連サイト

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所 健康福祉部 健康課
電話: 予防推進係 内線2668、2669

ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)