○あきる野市戸倉体験研修センターの設置及び管理に関する条例施行規則

平成27年6月23日

規則第23号

(趣旨)

第1条 この規則は、あきる野市戸倉体験研修センターの設置及び管理に関する条例(平成27年あきる野市条例第24号。以下「条例」という。)第23条の規定に基づき、あきる野市戸倉体験研修センター(以下「研修センター」という。)の管理及び運営に関し、必要な事項を定めるものとする。

(施設使用の申請)

第2条 条例第7条第1項の規定により、研修センターの施設(宿泊施設を除く。次条において同じ。)を使用しようとする団体の代表者は、秋川渓谷戸倉体験研修センター施設使用申請書兼使用料減額・免除申請書(様式第1号。以下「申請書」という。)により市長に申請しなければならない。

2 前項の規定による申請の期間は、使用日の属する月の2月前の月の初日から当該使用日の3日前までとする。ただし、市長が特に必要があると認めるときは、この限りでない。

3 前項の規定にかかわらず、宿泊施設と併せて使用しようとするときは、使用日の属する月の24月前の月の初日から当該使用日の3日前までに申請するものとする。ただし、市長が特に必要があると認めるときは、この限りでない。

4 同一の者が引き続き2日以上の使用の申請をするときは、前項の規定にかかわらず、当該使用日の初日をもって使用日とする。

5 第2項の場合において、使用日の属する月の2月前の月の初日又は当該使用日の3日前が休館日に当たるときは、その翌日以後の最初の開館日とする。

6 第3項の場合において、使用日の属する月の24月前の月の初日又は当該使用日の3日前が休館日に当たるときは、その翌日以後の最初の開館日とする。

(平28規則15・一部改正)

(施設使用の承認)

第3条 市長は、研修センターの施設の使用を承認したときは、秋川渓谷戸倉体験研修センター施設使用承認書兼使用料減額・免除承認書(様式第2号。以下「承認書」という。)前条第1項の規定による申請をした者に交付する。

(宿泊施設使用の申請)

第4条 条例第7条第1項の規定により、研修センターの宿泊施設を使用しようとする団体の代表者は、秋川渓谷戸倉体験研修センター宿泊施設使用申請書(様式第3号)により市長に申請しなければならない。

2 前項の規定による申請の期間は、使用日の属する月の24月前の月の初日から当該使用日の3日前までとする。ただし、市長が特に必要があると認めるときは、この限りでない。

3 同一の者が引き続き2日以上の使用の申請をするときは、前項の規定にかかわらず、当該使用日の初日をもって使用日とする。

4 第2項の場合において、使用日の属する月の24月前の月の初日又は当該使用日の3日前が休館日に当たるときは、その翌日以後の最初の開館日とする。

(平28規則15・一部改正)

(宿泊施設使用の承認)

第5条 市長は、研修センターの宿泊施設の使用を承認したときは、秋川渓谷戸倉体験研修センター宿泊施設使用承認書(様式第4号。以下「宿泊承認書」という。)前条第1項の規定による申請をした者に交付する。

(承認書等の提示)

第6条 研修センターの施設(宿泊施設を含む。第11条において同じ。)の使用の承認を受けた者(以下「使用者」という。)は、研修センターの使用に際して承認書又は宿泊承認書を係員に提示しなければならない。

(使用承認の変更等)

第7条 使用者は、使用の承認を受けた事項の変更又は使用の取消しをしようとするときは、秋川渓谷戸倉体験研修センター使用承認事項変更・取消申請書(様式第5号)に使用料の領収書その他必要書類を添えて、市長に申請し、承認を受けなければならない。

2 市長は、前項の規定により使用承認事項の変更又は使用の取消しを承認したときは、秋川渓谷戸倉体験研修センター使用承認事項変更・取消承認書(様式第6号)を当該使用者に交付する。

3 前項の規定による使用承認事項の変更又は使用の取消しに伴う使用料の精算は、次のとおりとする。

(1) 不足額については、使用料の納入に準じて納入しなければならない。

(2) 超過額については、条例第10条第4号に該当するときは使用料を還付するものとする。

(使用承認の取消し等)

第8条 市長は、条例第15条第1項の規定により、使用の承認の取消し又は使用の制限若しくは停止を決定したときは、秋川渓谷戸倉体験研修センター使用承認取消等通知書(様式第7号)により使用者に通知するものとする。

(使用料の減免)

第9条 条例第9条第2項に規定する使用料の減免は、次のとおりとする。

(1) 国又は地方公共団体が使用するとき 免除

(2) 市内の町内会・自治会が使用するとき 免除

(3) 市内の福祉又はボランティアの団体が直接公益を目的とした活動のために使用するとき 免除

(4) 市内の障害者(障害者基本法(昭和45年法律第84号)第2条第1号に規定する障害者をいう。)の団体が使用するとき 免除

(5) 市内の母子・父子福祉の団体が使用するとき 免除

(6) その他市長が特別の理由があると認めるとき 免除又は減額(市長が定める割合)

2 使用者は、前項の規定により使用料の減免を受けようとするときは、申請書により市長に申請しなければならない。

3 市長は、前項に規定する使用料の減免を承認したときは、承認書を使用者に交付する。

(使用料の還付)

第10条 条例第10条ただし書に規定する使用料の還付の割合は、次のとおりとする。

(1) 条例第10条第1号に該当するとき 全額

(2) 条例第10条第2号に該当するとき 全額

(3) 条例第10条第3号に該当するとき 全額

(4) 条例第10条第4号に該当するとき。

 使用者が使用日の14日前までに使用の取消しを申請したとき 全額

 使用者が使用日の7日前までに使用の取消しを申請したとき 100分の50

2 使用者は、前項の規定により使用料の還付を受けようとするときは、秋川渓谷戸倉体験研修センター使用料還付請求書(様式第8号)に使用料の領収書を添えて、市長に請求しなければならない。

(特別の設備等)

第11条 使用者は、研修センターの施設に特別の設備をし、又は変更を加えようとするときは、第2条第1項の規定による申請時に、その承認を受けなければならない。

(準用規定)

第12条 第2条から第10条まで、様式第1号から様式第6号まで及び様式第8号の規定は、条例第18条の規定により指定管理者が管理を行う場合について準用する。この場合において、第2条第1項第3条第7条第1項及び第3項第9条(見出しを含む。)第10条(見出しを含む。)様式第1号から様式第6号まで並びに様式第8号中「使用料」とあるのは「利用料金」と、第2条第1項第3条第4条第1項第5条第7条第1項及び第2項第8条第9条第2項及び第3項並びに第10条第2項中「市長」とあるのは「指定管理者」と、第2条第2項及び第3項並びに第4条第2項ただし書中「市長が特に必要があると認めるとき」とあるのは「指定管理者が市長の承認を得たとき」と読み替えるものとする。

(平28規則15・一部改正)

(委任)

第13条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成28年4月1日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

(準備行為)

2 この規則による使用の申請及びこれに関し必要なその他の行為は、この規則の施行前においても行うことができる。

(経過措置)

3 この規則の施行前にあきる野市立学校施設使用条例施行規則(平成7年あきる野市教育委員会規則第13号)の規定に基づきなされた廃校となった戸倉小学校の使用に関する処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

(あきる野市組織規則の一部改正)

4 あきる野市組織規則(平成7年あきる野市規則第2号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

附 則(平成28年規則第9号)

(施行期日)

1 この規則は、行政不服審査法(平成26年法律第68号)の施行の日(平成28年4月1日)から施行する。

(経過措置)

2 行政庁の処分その他の行為又は不作為についての不服申立てに関する手続であってこの規則の施行前にされた行政庁の処分その他の行為又はこの規則の施行前にされた申請に係る行政庁の不作為に係るものについては、なお従前の例による。

3 この規則の施行の際現にあるこの規則による改正前の様式による用紙については、当分の間、これを取り繕って使用することができる。

附 則(平成28年規則第15号)

この規則は、平成28年7月1日から施行する。

様式第1号(第2条、第9条関係)

 略

様式第2号(第3条、第6条、第9条関係)

 略

様式第3号(第4条関係)

 略

様式第4号(第5条、第6条関係)

 略

様式第5号(第7条関係)

 略

様式第6号(第7条関係)

 略

様式第7号(第8条関係)

(平28規則9・一部改正)

 略

様式第8号(第10条関係)

 略

あきる野市戸倉体験研修センターの設置及び管理に関する条例施行規則

平成27年6月23日 規則第23号

(平成28年7月1日施行)