○あきる野市社会教育関係団体登録要綱

平成19年5月28日

通達第32号

(趣旨)

第1条 この要綱は、あきる野市内の社会教育関係団体の育成発展を図るため、団体登録について必要な事項を定めるものとする。

(団体登録基準)

第2条 社会教育関係団体として登録することができる団体は、社会教育法(昭和24年法律第207号)第10条の規定に該当する団体で、次の各号に掲げる要件を備えていなければならない。

(1) 市内に事務所があること。

(2) 市内在住者又は在勤者を主たる構成員としていること。

(3) 営利活動、宗教活動又は政治活動を目的としない団体であること。

(4) 広く市民に開放された団体であること。

(5) 構成員の同意を得た規約又は会則を有し、会員名簿を備えていること。

(6) 代表者及び会計責任者を定め、役員名簿を備えていること。

(7) 年間を一期とした予算、決算及びこれに関連する会計機能を持ち、予算の大半が社会教育関係の活動に支出され、かつ、自己財源を有し、公開性を有すること。

(8) 目的事業に関し、1年以上の活動実績を有すること。

(9) 構成員が10人以上であること。

(登録申請)

第3条 登録を希望する団体は、あきる野市社会教育関係団体登録申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて、あきる野市教育委員会(以下「委員会」という。)に提出しなければならない。

(1) 団体規約又は会則

(2) 団体役員及び会員名簿

(3) 予算書及び決算書

(4) 事業の実績書及び計画書

(5) 前各号に掲げるもののほか、委員会が必要と認める書類

(登録の決定)

第4条 委員会は、登録申請を受理したときは、第2条に規定する基準により審査し、あきる野市社会教育委員の会議又はあきる野市スポーツ推進審議会の意見を聴いた後、委員会が決定し、あきる野市社会教育関係団体登録決定通知書(様式第2号)により当該団体に通知する。

2 登録の有効期限は、登録年度を含め3年以内とし、委員会が定めた日までとする。

(平26通達15・一部改正)

(登録内容の変更)

第5条 前条の規定により登録された社会教育関係団体(以下「登録団体」という。)は、団体の規約等を変更し、又は解散したときは、速やかにあきる野市社会教育関係団体登録変更・解散届(様式第3号)により委員会に提出しなければならない。

(登録の取消し又は停止)

第6条 委員会は、登録団体が規約等の変更又は団体活動内容の変更により、第2条各号に掲げる基準に適合しないと認める場合は、あきる野市社会教育委員の会議又はあきる野市スポーツ推進審議会の意見を聴いた後、当該団体の登録を取り消し、又は停止することができる。

(平26通達15・一部改正)

(庶務)

第7条 社会教育関係団体登録の庶務は、生涯学習担当課において処理する。

(平20通達24・平25通達22・一部改正)

附 則(平成20年通達第24号)

この要綱は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成25年通達第22号)

この要綱は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成26年通達第15号)

この要綱は、平成26年4月1日から施行する。

様式第1号(第3条関係)

 略

様式第2号(第4条関係)

 略

様式第3号(第5条関係)

 略

あきる野市社会教育関係団体登録要綱

平成19年5月28日 通達第32号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
要綱集/第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成19年5月28日 通達第32号
平成20年3月28日 通達第24号
平成25年3月28日 通達第22号
平成26年3月26日 通達第15号