○あきる野市会計管理者事務の事案決定等に関する規程

平成7年9月1日

訓令第4号

(目的)

第1条 この規程は、会計管理者の権限に属する事案の決定等について必要な事項を定め、組織的かつ能率的な事務処理を図ることを目的とする。

(平19訓令5・一部改正)

(会計課長の決定事案)

第2条 次に掲げるものに係る収支命令の審査及びその執行については、会計課長(以下「課長」という。)の決定事案とする。ただし、特に重要又は異例に属するものは、この限りでない。

(1) 報酬(会計年度任用職員に対する報酬に限る。)、給料、手当(退職手当を除く。)、共済費及び旅費(概算払を除く。)

(2) あきる野市国民健康保険条例(平成7年あきる野市条例第88号)に規定する出産育児一時金及び葬祭費

(3) 過誤納還付金及びこれらに対する還付加算金

(4) 電気料、ガス料、水道料、下水道料、電話料及び郵便料並びに公債費(一時借入金に係るものを除く。)

(5) 1件10万円未満の収支

(6) 雑部金の収支

(7) 振替収支

(令元訓令3・一部改正)

(会計管理者不在のときの臨時代行)

第3条 会計管理者が不在のときは、課長がその事務を臨時代行することができる。

2 会計管理者及び課長が不在のときは、会計課会計係長が会計管理者の事務を臨時代行することができる。

(平19訓令5・平26訓令1・一部改正)

(課長不在のときの臨時代行)

第4条 課長が不在のときは、第2条に係る決定事案は、会計課会計係長が臨時代行することができる。

(平19訓令5・平26訓令1・一部改正)

(臨時代行の制限)

第5条 第3条第2項及び前条の規定による臨時代行は、緊急やむを得ないもの又はあらかじめ指示を受けたものに限る。

(平19訓令5・一部改正)

(臨時代行後の手続)

第6条 臨時代行した事案については、速やかに上司に報告し、又は関係文書を上司の閲覧に供しなければならない。

附 則(平成19年訓令第5号)

(施行期日)

1 この規程は、訓令の日から施行する。

(経過措置)

2 この規程の施行の際現に在職する収入役については、その者が在職する期間に限り、この規程による改正後のあきる野市事案決定規程及びあきる野市会計管理者事務の事案決定等に関する規程の規定にかかわらず、なお従前の例による。

附 則(平成26年訓令第1号)

この規程は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(令和元年訓令第3号)

(施行期日)

1 この規程は、令和2年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 第2条の規定による改正後のあきる野市会計管理者事務の事案決定等に関する規程第2条の規定は、令和2年度以後の年度分の収支命令の審査及びその執行について適用し、令和元年度分までの収支命令の審査及びその執行については、なお従前の例による。

あきる野市会計管理者事務の事案決定等に関する規程

平成7年9月1日 訓令第4号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第2節 代理・代決等
沿革情報
平成7年9月1日 訓令第4号
平成19年10月29日 訓令第5号
平成26年3月19日 訓令第1号
令和元年12月5日 訓令第3号