ページの先頭です

新型コロナウイルス感染症に関する市長からのメッセージ

[2020年11月20日]

令和2年11月20日

東京都は昨日、急速な感染拡大の局面を迎えたとして、感染状況の警戒レベルを4段階のうち最も深刻な「感染が拡大している」に引き上げました。併せて、新型コロナウイルス感染症対策5つの約束として、次の点をポイントにあげてお願いをしています。

  1. 常にマスクを忘れない
  2. 常に手洗いを忘れない
  3. 常に換気に注意する
  4. マスクなしで人と15分以上話さない
  5. 家も職場も、毎日掃除と消毒

市内における累計患者数も11月19日時点で49名と増加しておりますので、市民の皆さんには、家庭で、職場・外出先で、お店などでの感染症予防対策を徹底していただきますよう、お願いします。
また、発熱や咳、痰、全身のだるさなどの症状がある場合は、かかりつけ医に、かかりつけ医がいない場合は、東京都発熱相談センター(03-5320-4592)に電話で相談してください。

あきる野市長 村木英幸

令和2年11月13日

東京都における新規陽性者数と接触歴等不明者数は、大幅に増加しており、急速な感染拡大が確実に西多摩地区にも押し寄せています。市内における累計患者数は、11月12日時点で45名となり、11月になってから7名増加しております。
新型コロナウイルス感染症の伝播は、主に「クラスター」を介して拡大することが分かっており、国の新型コロナウイルス感染症対策分科会からは、感染リスクが高まる「5つの場面」が示されています。

  • 飲酒を伴う懇親会等
  • 大人数や長時間におよぶ飲食
  • マスクなしでの会話
  • 狭い空間での共同生活
  • 居場所の切り替わり(休憩室、喫煙所、更衣室など)

市民の皆さんには、クラスター連鎖とならないよう、感染リスクが高まる「5つの場面」を避けていただき、感染拡大防止のご協力をお願いするとともに、感染者とご家族の人権尊重、個人情報の保護へのご理解とご配慮を改めてお願いいたします。

あきる野市長 村木英幸

令和2年11月6日

市内における新型コロナウイルス感染症の累計患者数は、11月5日時点で39名と増加しており、既に退院された方が38名おられますが、季節性インフルエンザとの同時流行を懸念しております。このようなことから、65歳以上の方等のインフルエンザの予防接種費用を全額助成しておりますが、ワクチンが不足している場合もありますので、あらかじめ指定医療機関にご確認ください。
また、秋の観光シーズンを迎え、秋川渓谷を訪れる方々には、「感染防止対策」「交通ルールの遵守と安全運転」「豊かな自然を守るための観光マナー」にご協力いただきますようお願いいたします。
市では、今後も広報あきる野や市ホームページでさまざまな情報を発信してまいりますので、ご覧いただきたく存じます。
市民の皆さんには、引き続き、3密(密集・密接・密閉)を避け、「身体的距離の確保」「マスクの着用」「手洗い」などにより、感染拡大防止のご協力をお願いするとともに、感染者とご家族の人権尊重、個人情報の保護にご理解とご配慮をお願いいたします。

あきる野市長 村木英幸

令和2年9月17日

あきる野市内では、8月中旬以降、介護施設、幼児教育・保育施設等の職員等に新型コロナウイルス感染症の陽性者が確認されておりますが、各施設においては、保健所の指導の下、消毒などの必要な措置を講じ、施設はすでに再開しております。
しかしながら、市内における累計患者数は、9月16日時点で34名と増加しており、既に退院された方が31名おられますが、あきる野市を含む西多摩地区での感染拡大を危惧しております。
このようなことから、市におきましては補正予算を計上し、引き続き、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策と影響を受けた市民や事業者等への支援に取り組んでおります。取組につきましては、今後も広報あきる野や市ホームページで情報発信してまいりますので、ご覧いただきたいと存じます。
市民の皆さんには、引き続き、3密(密集・密接・密閉)を避け、「身体的距離の確保」「マスクの着用」「手洗い」などにより、感染拡大防止のご協力をお願いするとともに、感染者とご家族の人権尊重、個人情報の保護にご理解とご配慮をお願いいたします。

あきる野市長 村木英幸

令和2年4月24日

あきる野市では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を図るため、地域の事業者などのご理解とご協力をいただき、観光施設などの利用を休止しております。
このような中、先週末には、市外から多くの方があきる野市を訪れたことによる感染拡大への不安の声が広がっております。

このことから、「観光などでの来訪の自粛」を強くお願いいたします。明日25日からは、公営駐車場等も閉鎖いたします。観光地である当市にとっては、苦渋の決断ではありますが、東京都においても、5月6日までの12日間、「いのちを守るSTAY HOME週間」としておりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症が終息した際には、秋川渓谷への来訪を心から歓迎いたしますので、その日まで共にこの困難を乗り越えましょう。

あきる野市長 村木英幸

令和2年4月23日

新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言から2週間が経過しましたが、週末には秋川渓谷等に観光客が見られ、市民の皆さんも不安に感じていることと存じます。
市では、ゴールデンウィーク期間中に市外から多くの方が訪れることによる感染拡大が懸念されることから、市で管理する駐車場の閉鎖や主要交差点への注意看板を設置するとともに、東京都西多摩建設事務所や警察署等に対応を要請したところであります。
また、政府から次のとおり「人との接触を8割減らすための10のポイント」が示されました。

  • ビデオ通話でオンライン帰省
  • スーパーは1人または少人数ですいている時間に
  • ジョギングは少人数で、公園はすいた時間、場所を選ぶ
  • 待てる買い物は通販で
  • 飲み会はオンラインで
  • 診療は遠隔診療
  • 筋トレやヨガは自宅で動画を活用
  • 飲食は持ち帰り、宅配も
  • 仕事は在宅勤務
  • 会話はマスクをつけて

市民の皆さんにおかれましては、これまでも取り組んでいることも多いと思いますが、引き続き、感染拡大を抑えるためのご協力をお願いいたします。

あきる野市長 村木英幸

令和2年4月10日

現在、東京都に新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が出されています。
また、東京都から緊急事態措置の内容が発表されました。
市民の皆さんにおかれましては、不要不急の外出を自粛されますよう、強くお願いいたします。
保育所、学童クラブの利用につきましても、お子様方の命を第一にお考えいただき、自粛をお願いいたします。
公共施設のご利用につきましても、引き続き休館などを続けており、ご不便をおかけしていますが、どうかご理解をお願いいたします。
市民の皆さん、この難局を力を合わせて乗り越えましょう。

あきる野市長 村木英幸

令和2年4月8日

昨日4月7日、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が出されました。
市ではこれに先立ち、庁内の感染症対策本部を同日付けで、法に基づく「あきる野市新型コロナウイルス感染症対策本部」に移行させ、秋川消防署の方にも参加いただき、第1回対策本部会議を開催いたしました。
また、3月に設置した「あきる野市新型コロナウイルス感染症対策医療連携会議」において、あきる野市医師会及び公立阿伎留医療センターとも連携を図りながら、市内における医療等供給体制について協議してまいります。
今後も引き続き、感染拡大の状況を見極めながら必要な対策等を講じてまいりますので、市民の皆さんのご理解とご協力をお願いいたします。

あきる野市長 村木英幸

令和2年4月6日

昨日4月5日、東京都が発表した都内における新型コロナウイルス感染症の患者数が、累計で1,000人を超えました。そして、あきる野市内におきまして1人の方の感染が確認され、ウイルスの脅威が身近に迫っております。
感染拡大が止まらず、不安に思われている方も多いと存じますが、今が市内で感染が拡大するか否かの瀬戸際だと考えております。
ご自身やご家族、職場等に感染拡大を防止するためには、市民一人ひとりが、日頃の生活の中に、次の行動を徹底するようお願いいたします。

【感染拡大を防止する3つの行動】

  • こまめな手洗いと手指の消毒、咳エチケットを徹底する。
  • 不要不急の外出を控える。
  • 外出する場合は、「密閉」「密集」「密接」の3つの密を避ける。

また、都内では、20歳代・30歳代の感染者が日々増えておりますので、若い方も感染拡大を防止するための冷静な行動をお願いいたします。

あきる野市長 村木英幸

令和2年4月2日

新型コロナウイルス感染症の感染拡大が続く中、都内でも感染者数が急増しております。東京都では、3月25日に都知事が緊急記者会見を行い、感染爆発の重大局面であることから外出自粛などが要請されております。
現在、市内で感染者の報告はありませんが、市では感染症対策本部を設置して、情報収集に努め、新型コロナウイルス感染防止対策を行っております。公共施設の臨時休館やイベントの中止など、日々の生活への影響も大きくなっておりますが、感染経路が特定できない感染者が増加している状況でありますので、感染拡大防止に向けた必要な措置であることをご理解いただきたいと存じます。
また、市民の皆さんには、不要不急の外出を控え、外出する場合には、感染リスクの高い「換気の悪い密閉空間」「多くの人が密集する場所」「近距離での密接した会話」を避けるよう心掛けてください。
今、世界でのキーワードは、「ステイホーム」であります。皆さんとともに国難ともいえるこの状況を乗り越えるため、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

あきる野市長 村木英幸

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所企画政策部市長公室

電話: 内線2221、2222、2223 ファックス: 042-558-1113

お問い合わせフォーム


新型コロナウイルス感染症に関する市長からのメッセージへの別ルート

ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)