ページの先頭です

【中止】第23回女と男のライフフォーラムinあきる野

[2020年2月27日]

【中止】第23回女と男のライフフォーラムinあきる野「一緒にやろうよ介護~共に生きていくために~」

新型コロナウィルス等の感染症対策のため、中止させていただくこととなりました。
当事業にお申込みいただきました皆さん方には、大変ご迷惑をおかけいたしますが、感染症の拡大を防ぐため、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。
「介護は女性がやるもの?」「介護はまだ先の話?」長寿化が進み、“人生100年時代”と言われる社会では、介護は誰にでも起こり得るライフイベントです。性別にかかわらず、これからの人生を大切な人と、いきいきと生きるためにみなさんと考えます。ご参加、お待ちしております。

ポスターはこちらから

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

内容

〇プログラム〇

第1部 基調講演(約90分)
第2部 交流広場(約20分)(質疑応答によるトーク)

〇講師〇

津止正敏さん

津止正敏さん (立命館大学教授)

同大学院社会学研究科修士課程修了。1953年鹿児島県生。
京都市社会福祉協議会に20年間勤務(地域福祉部長・ボランティア情報センター長等歴任)の後、2001年より現職。「男性介護者と支援者の全国ネットワーク(男性介護ネット)」(2009年3月発足)の発足に関わり事務局長に就任。
主な編著に『男性介護者白書』『ボランティアの臨床社会学』など。

〇詳細〇

▽日時 3月1日(日曜日) 午後1時30分~4時 (午後1時開場)
▽場所 ルピアホール(あきる野ルピア3階)
▽対象 どなたでも(市内在住・在勤の方優先)
▽定員 100人(申込み順)
▽費用 無料
▽手話通訳あり
▽保育あり 事前申込制(2月20日まで)。保育対象者は、2歳から就学前の幼児 概ね5人。
▽申込み 電子申請、電話、ファクス、公民館窓口でお申し込みください。※ファクスの方は氏名、住所、電話番号をご記入ください。

〇申込み・問い合わせ〇

電話 042-559-1221

ファクス 042-559-1227

電子申請 イベント中止のため申込みを停止しています

住所 あきる野市二宮683

※電話、窓口は平日午前8時30分~午後5時15分

〇企画・運営・主催〇

企画・運営 女と男のライフフォーラムinあきる野実行委員会

主催 あきる野市教育委員会

女と男のライフフォーラムinあきる野とは

 「女と男のライフフォーラム in あきる野」は、あきる野市男女共同参画計画に基づき、男女共同参画社会の実現を目指し、性別にとらわれることなく一人ひとりが豊かな人生を送れる社会づくりの大切さを、共に考えていただくための事業として実施しています。毎年、市民で構成される実行委員会の企画運営で、フォーラムを開催しています。
 あきる野市では、平成10年度に策定されたあきる野市女性行動計画「あきる野市女性プラン」に先立ち、計画の啓発事業として平成8年度からフォーラムを開催しています。家族・仕事・子育て・DV等多岐にわたるテーマを取り上げ、講演会、寸劇やパネルディスカッションなどを行い、さまざまな視点から、男女共同参画社会の必要性を考える機会を提供しています。

フォーラム実行委員を募集します(終了しました)

男女共同参画についてもっと知りたい方、実行委員としてあなたの思いを実現させてみませんか。

▽主な活動

 ・フォーラムのテーマ・内容と構成の検討

 ・開催の準備

 ・当日の運営

 など

▽活動期間 6月から事業終了時まで(会議は月1回程度)

▽対象 市内在住・在勤の方

▽定員 10人

▽申し込み方法 5月15日(水曜日)から6月7日(金曜日)までに、中央公民館へ電話または直接窓口でお申し込みください。

▽申込・問い合わせ 中央公民館 042-559-1221(平日午前8時30分~午後5時15分)

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所 教育部 生涯学習推進課
電話: 公民館係 042-559-1221

【中止】第23回女と男のライフフォーラムinあきる野への別ルート

ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)