ページの先頭です

公的資金補償金免除繰上償還に係る財政健全化計画

[2016年8月3日]

1 公的資金補償金免除繰上償還とは

公的資金補償金免除繰上償還とは、通常、公的資金を繰上償還するときに支払うべき利子相当額である「補償金」を、地方公共団体の財政負担を軽減するため、財政健全化計画を策定し、徹底した行政改革・経営改革を行う地方公共団体を対象に、補償金を免除した繰上償還を認める措置をいいます。

当初は、平成19年度から平成21年度までの3年間限りの措置でしたが、平成20年度後半からの深刻な景気低迷による経済の停滞を踏まえ、平成22年度から平成24年度までの3年間延長されました。

2 あきる野市の取り組み

(1)公的資金補償金免除繰上償還に係る財政健全化計画

平成23年度に、普通会計において財政健全化計画を策定し、総務省の承認を受け、平成23年度に補償金免除繰上償還を実施しました。

この計画は、平成23年度から平成27年度までの5年間を計画期間とし、各年度の目標値の達成状況などについて執行状況報告書を毎年作成することとなります。

(1)地方債現在高                            (単位:百万円)

 

 平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度
計画目標値27,26127,31528,36229,32031,162
実績値25,83926,884           27,10826,70628,363 
(2)実質公債費比率                             (単位:%)
  平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度
計画目標値

7.8

7.57.77.57.3
実績値7.67.0               7.17.0 7.3 
(3)改善額(対22年度人件費改善額)                                           (単位:百万円)
  平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度 改善額合計 補償金免除額
計画目標値62626262623104
実績値67264                306310 326 1,273 

(2)繰上償還及び借換債起債による財政負担軽減効果

繰上償還と借換債起債による公債費軽減額
 借入利率(年利)23年度末元金残高23年度末利子(補償金)残高
 借換前6.20%39,522,193円4,255,544円43,777,737円
 借換後0.65%39,500,000円449,514円39,949,514円
   公債費軽減効果22,193円3,806,030円3,828,223円

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所企画政策部財政課

電話: 財政係 内線2231、2232 ファックス: 042-558-1113


PC版トップページへ