ページの先頭です

在外選挙制度

[2018年6月11日]

 外国に住んでいても「在外選挙制度」で、国政選挙の投票ができます。国外で投票するには在外選挙人名簿への登録申請が必要です。

 申請方法は、従来からの「在外公館申請」に加え、市区町村で転出前に申請する「出国時申請」ができるようになりました。

 在外選挙人名簿に登録されると、選挙時に必要な「在外選挙人証」が市区町村選挙管理委員会から在外公館を通じて交付されます。

在外公館申請

出国後に居住している地域を管轄する日本大使館・総領事館(出張駐在官事務所を含みます。)で申請する方法

登録資格

 ○年齢満18歳以上の方
 ○日本国籍を有する方
 ○国外に3か月以上お住まいの方

 なお、申請時に3か月以上住所を有している必要はなく、「在留届」の提出と同時に申請書を提出することができます。
(この場合、領事官が3か月以上住所を有したことを確認した後、市区町村選挙管理委員会において在外選挙人名簿に登録されます。)

申請書の提出方法

 居住している地区を管轄する日本大使館・総領事館の領事窓口に申請をしてください。
 (※日本での転出届を忘れずにお願いします。)

申請書は日本大使館や総領事館にあります。また総務省のホームページでもダウンロードできます。

出国時申請

 国外への転出届を提出した際に、市区町村の選挙管理委員会の窓口で申請する方法

登録資格

  ○年齢満18歳以上の方
  ○日本国籍を有する方
  ○国内の最終住所地の市区町村の選挙人名簿に登録されている方(転出予定日までに登録される予定の方も含む。)
  ○国外に住所を有する方

申請書の提出方法

 国外への転出届を提出後から転出予定日までに「申請者本人」または「申請者からの委任を受けた方」が、直接、選挙管理委員会の窓口で申請してください。

必要書類

(1)申請者本人による申請

   ○申請書(在外選挙人名簿登録移転申請書)
   ○本人確認書類
    パスポート、マイナンバーカード、運転免許証、官公庁の身分証明書など

(2)申請者から委任を受けた方を通じた申請

上記(1)の書類に加え、次の書類が必要です。
   ○申出書(申請者本人の署名が必要です。)
   ○申請に来ている方の本人確認書類
    パスポート、マイナンバーカード、運転免許証、官公庁の身分証明書など

「出国時申請」用書類

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

在外選挙の投票方法

 投票方法には3つの方法があります。下記の添付ファイルでご確認ください。

在外選挙の投票方法

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

関連リンク

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所選挙管理委員会事務局

電話: 選挙係 内線3111

お問い合わせフォーム


PC版トップページへ