○あきる野市学童クラブ指導員に関する規程

平成17年3月30日

訓令第6号

(趣旨)

第1条 この規程は、あきる野市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例(平成26年あきる野市条例第14号。以下「条例」という。)第10条に規定する放課後児童支援員としてあきる野市学童クラブに勤務するあきる野市学童クラブ指導員(以下「指導員」という。)の職務等に関し、必要な事項を定めるものとする。

(平20訓令6・全改、平26訓令4・一部改正)

(職務)

第2条 指導員は、児童の健全な育成に係る遊び及び生活等に関する指導に従事する。

2 指導員は、非常勤とする。

(平20訓令6・一部改正)

(委嘱)

第3条 指導員は、条例第10条第3項各号のいずれかに該当する者であって、同項に規定する研修を修了したもののうちから市長が委嘱する。

(平20訓令6・平26訓令4・一部改正)

(服務)

第4条 指導員は、主管課長又は児童館長の指揮監督を受け、その職務上の命令に従わなければならない。

2 指導員は、その職の信用を傷つけるような行為をしてはならない。

3 指導員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。

(平20訓令6・一部改正)

(解職)

第5条 指導員が、次の各号のいずれかに該当する場合は、市長は、その職を解職する。

(1) 自己の都合により解職を申し出たとき。

(2) 勤務実績が良くないとき。

(3) 指導員として、ふさわしくない非行のあったとき。

(平20訓令6・一部改正)

(任期)

第6条 指導員の任期は、1年以内とする。ただし、再任することができる。

(平20訓令6・一部改正)

(勤務時間)

第7条 指導員の勤務時間は、午前8時30分から午後6時までの範囲内とする。

(平20訓令6・全改)

(報酬等)

第8条 指導員に支給する報酬及び費用弁償は、あきる野市非常勤の特別職の職員の報酬及び費用弁償に関する条例(平成7年あきる野市条例第23号)の定めるところによる。

(平20訓令6・全改)

(委任)

第9条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は、市長が定める。

附 則

この規程は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成20年訓令第6号)

この規程は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成26年訓令第4号)

(施行期日)

1 この規程は、あきる野市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例(平成26年あきる野市条例第14号)の施行の日から施行する。

(経過措置)

2 この規程の施行の日から平成32年3月31日までの間、この規程による改正後の第3条の規定の適用については、同条中「修了したもの」とあるのは、「修了したもの(平成32年3月31日までに修了することを予定している者を含む。)」とする。

あきる野市学童クラブ指導員に関する規程

平成17年3月30日 訓令第6号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉
沿革情報
平成17年3月30日 訓令第6号
平成20年12月24日 訓令第6号
平成26年9月29日 訓令第4号