○あきる野市がん検診事業実施規則

平成17年3月30日

規則第19号

(趣旨)

第1条 この規則は、健康増進法(平成14年法律第103号)、がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針(平成10年3月31日付け老健第64号)等に基づき、がん検診事業の実施に関し、必要な事項を定めるものとする。

(平20規則14・一部改正)

(事業の実施主体)

第2条 がん検診事業は、あきる野市(以下「市」という。)が実施主体となって行うものとする。ただし、市長は、検診事業を医療機関等に委託して実施することができる。

(検診の種類、検診間隔等)

第3条 がん検診の種類、検診間隔、対象者及び内容は、別表のとおりとする。

(平19規則6・一部改正)

(実施方法、実施時期等)

第4条 がん検診の実施方法、実施時期、定員等については、市長が毎年度定めるものとする。

(検診の申込み)

第5条 がん検診を受けようとする者は、別に定める様式により事前に申込みを行うものとする。

(受診決定通知)

第6条 市長は、前条の規定により申込みを行った者に対して、受診の決定をしたときは、速やかにその旨を通知するものとする。

(受診方法)

第7条 前条の規定により受診の決定を受けた者(以下「受診者」という。)は、市が指定した日時、場所及び方法により検診を受けるものとする。ただし、問診等により検診を受けることが身体に異常等を起こす可能性があると判断したときは、市長は、受診を中止させることができる。

(検診事業の費用負担)

第8条 がん検診の受診者は、検診に要する費用のうち、市長が別に定める額を負担するものとする。ただし、生活保護法(昭和25年法律第144号)の規定による保護を受けている世帯に属する者がこの検診を受けるときは、この限りでない。

2 前項の規定により検診の費用を負担する受診者は、市が指定した方法により検診に要する費用を支払わなければならない。

(平19規則6・一部改正)

(検診結果の報告等)

第9条 がん検診を受託した医療機関等は、別に定める様式により検診結果を速やかに市長に報告するものとする。

2 市長は、前項の報告を受けたときは、速やかに受診者に検査結果を通知するものとする。

(委任)

第10条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が定める。

附 則

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成19年規則第6号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年規則第14号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

別表(第3条関係)

(平19規則6・旧別表第1・一部改正)

がん検診の種類

検診間隔

対象者

内容

胃がん検診

1年に1回実施

市内に住所を有する満35歳以上の者

問診・胃部エックス線(間接撮影)検査

子宮がん検診

2年に1回実施

市内に住所を有する満20歳以上の者(女性)

問診・視診・内診・細胞診(子宮頸部・体部)

肺がん検診

1年に1回実施

市内に住所を有する満35歳以上の者

問診・胸部エックス線(直接撮影)検査・喀痰細胞診検査

乳がん検診

2年に1回実施

市内に住所を有する満30歳以上の者(女性)

問診・視診・触診・乳房エックス線(マンモグラフィ)検査

大腸がん検診

1年に1回実施

市内に住所を有する満35歳以上の者

問診・免疫便潜血検査

前立腺がん検診

1年に1回実施

市内に住所を有する満50歳以上の者(男性)

採血によるPSA(前立腺特異抗原)検査

あきる野市がん検診事業実施規則

平成17年3月30日 規則第19号

(平成20年4月1日施行)