○秋川市と五日市町の合併に伴うあきる野市国民健康保険税条例の適用の経過措置に関する条例

平成7年9月1日

条例第90号

(趣旨)

第1条 この条例は、秋川市と五日市町の合併によるあきる野市の発足に伴い、あきる野市国民健康保険税条例(平成7年あきる野市条例第89号)の適用に関し必要な経過措置を定めるものとする。

(国民健康保険税の賦課徴収に関する経過措置)

第2条 旧五日市町の区域内に住所を有する国民健康保険税の納税義務者に対する国民健康保険税の賦課徴収については、あきる野市国民健康保険税条例の規定にかかわらず、平成7年度分までに限り、旧五日市町国民健康保険税賦課徴収条例(昭和30年五日市町条例第28号)の例による。

2 旧秋川市の区域内に住所を有する国民健康保険税の納税義務者に対する国民健康保険税の納期については、あきる野市国民健康保険税条例第8条の規定にかかわらず、平成7年度分までに限り、旧秋川市国民健康保険税条例(昭和42年秋川市条例第12号)第7条の例による。

(委任)

第3条 この条例に定めるもののほか、旧五日市町の区域におけるあきる野市国民健康保険税条例の適用に関し必要な経過措置は、市長が定める。

附 則

この条例は、平成7年9月1日から施行する。

秋川市と五日市町の合併に伴うあきる野市国民健康保険税条例の適用の経過措置に関する条例

平成7年9月1日 条例第90号

(平成7年9月1日施行)

体系情報
第8編 生/第2章 保険・年金/第1節 国民健康保険
沿革情報
平成7年9月1日 条例第90号