○あきる野市職員の育児休業等に関する条例施行規則

平成7年9月1日

規則第18号

(育児休業の承認の請求手続)

第2条 育児休業の承認の請求は、育児休業承認請求書(様式第1号)により、育児休業を始めようとする日の1月前までに行うものとする。

2 任命権者は、育児休業の承認の請求について、その事由を確認する必要があると認めるときは、当該請求をした職員に対して、証明書類の提出を求めることができる。

3 条例第3条第5号の育児休業計画書は、様式第1号の2によるものとする。

(平14規則11・平29規則2・一部改正)

(育児休業の期間の延長の請求手続)

第3条 前条第1項及び第2項の規定は、育児休業の期間の延長の請求について準用する。

(平14規則11・一部改正)

(育児休業に係る子が死亡した場合等の届出)

第4条 育児休業をしている職員は、次に掲げるときは、遅滞なく、その旨を任命権者に届け出なければならない。

(1) 育児休業に係る子が死亡したとき。

(2) 育児休業に係る子が職員の子でなくなったとき。

(3) 育児休業に係る子を養育しなくなったとき。

2 前項の規定による届出は、養育状況変更届(様式第2号)により行うものとする。

3 第2条第2項の規定は、第1項の届出について準用する。

(平22規則19・一部改正)

(部分休業の承認の請求手続)

第5条 部分休業の承認の請求は、部分休業承認請求書(様式第3号)により行うものとする。

2 第2条第2項の規定は、部分休業の承認の請求について準用する。

(部分休業に係る子が死亡した場合等の届出)

第6条 第4条の規定は、部分休業について準用する。

(給与の減額)

第7条 条例第9条の規定により給与を減額する場合には、あきる野市職員の給与に関する条例施行規則(平成7年あきる野市規則第22号。以下「給与規則」という。)第8条及び第9条の規定を準用する。

(勤務1時間当たりの給料等の額の算定)

第8条 条例第9条に規定する勤務1時間当たりの給料等の額を算定する場合には、給与規則第14条第3項の規定を準用する。

附 則

この規則は、平成7年9月1日から施行する。

附 則(平成14年規則第11号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成22年規則第19号)

この規則は、平成22年7月1日から施行する。

附 則(平成29年規則第2号)

この規則は、平成29年4月1日から施行する。

様式第1号(第2条、第3条関係)

(平22規則19・全改)

 略

様式第1号の2(第2条関係)

(平14規則11・追加、平29規則2・一部改正)

 略

様式第2号(第4条、第6条関係)

(平22規則19・全改)

 略

様式第3号(第5条関係)

(平22規則19・一部改正)

 略

あきる野市職員の育児休業等に関する条例施行規則

平成7年9月1日 規則第18号

(平成29年4月1日施行)