○あきる野市監査委員事務局処務規程

平成7年11月10日

監委訓令第1号

(趣旨)

第1条 あきる野市監査委員条例(平成7年あきる野市条例第137号)第6条の規定により、あきる野市監査委員(以下「監査委員」という。)の権限に属する事務の執行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(係の設置)

第2条 あきる野市監査委員事務局(以下「事務局」という。)に次の係を置く。

監 査 係

(職員)

第3条 事務局に事務局長を置き、次の職員を置くことができる。

(1) 次長

(2) 係長

(3) 書記

2 職員の定数は、あきる野市職員定数条例(平成7年あきる野市条例第10号)の定めるところによる。

(平9監委訓令1・一部改正)

(職名)

第4条 事務局職員の職名は、職層名及び職務名とする。

2 職層名は、参事、副参事及び主事とする。

3 参事及び副参事は事務局長の、主事は次長、係長及び書記の職層名とする。

4 事務局職員の職務名については、あきる野市職員の職名に関する規則(平成7年あきる野市規則第12号)を準用する。

(平9監委訓令1・追加)

(職務)

第5条 事務局長は、監査委員の命を受け、事務局の事務を総理し、所属職員を指揮監督しなければならない。

2 次長は、上司の命を受け、事務局長の職務に関し、事務局長を補佐しなければならない。

3 係長は、上司の命を受け、事務の適正かつ迅速な管理、執行に当たらなければならない。

4 書記は、上司の命を受け、担当事務を処理する。

(平9監委訓令1・一部改正、旧第4条繰下)

(事務分掌)

第6条 事務局の事務は、次のとおりとする。

(1) 公印の管理に関すること。

(2) 職員の人事及び服務に関すること。

(3) 規程等の制定及び改廃に関すること。

(4) 監査、検査及び審査(以下「監査等」という。)に関すること。

(5) 予算の経理及び物品の管理に関すること。

(6) 文書の収受、発送、編さん及び保存に関すること。

(7) その他監査事務に関すること。

(平9監委訓令1・旧第5条繰下)

(決裁)

第7条 監査委員の決裁事項は、次のとおりとする。

(1) 監査等の実施計画に関すること。

(2) 監査等の結果報告、通知及び公表に関すること。

(3) 審査意見の提出に関すること。

(4) 告示及び訓令に関すること。

(5) その他特に重要な事項に関すること。

2 代表監査委員の決裁事項は、次のとおりとする。

(1) 職員の任免に関すること。

(2) その他監査委員の庶務に関すること。

(平9監委訓令1・旧第6条繰下)

(事務局長の専決事項)

第8条 事務局長が専決できる事項は、次のとおりとする。

(1) 職員の出張命令に関すること。

(2) 職員の時間外勤務及び休日等勤務命令に関すること。

(3) 職員の休暇、欠勤その他諸願い届の処理に関すること。

(4) 定例的又は軽易な照会、通知、報告、調査その他これらに類するものの処理に関すること。

(5) その他軽易な事項に関すること。

(平9監委訓令1・旧第7条繰下)

(決裁区分の表示)

第9条 決裁区分の表示は、次のとおりとする。

(1) 監査委員決裁のもの 甲

(2) 代表監査委員決裁のもの 乙

(3) 事務局長決裁のもの 丙

(平9監委訓令1・旧第8条繰下)

(文書の取扱い)

第10条 文書の取扱いは、この規程の定めるもののほか、あきる野市の例による。

(平9監委訓令1・旧第9条繰下)

(職員の服務等)

第11条 職員の勤務時間、休日、休暇、忌引その他服務に関する事項については、特に定めるもののほか、あきる野市の例による。

(平9監委訓令1・旧第10条繰下)

附 則(平成9年監委訓令第1号)

この規程は、平成9年4月1日から施行する。

あきる野市監査委員事務局処務規程

平成7年11月10日 監査委員訓令第1号

(平成9年3月27日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第4章 監査委員
沿革情報
平成7年11月10日 監査委員訓令第1号
平成9年3月27日 監査委員訓令第1号