ページの先頭です

新型コロナウイルス感染症対策・避難所の衛生管理などについて

[2020年5月15日]

新型コロナウイルス感染症対策・避難所の衛生管理などについて

災害が発生または発生のおそれがあるときに、避難所を開設することとなった場合、新型コロナウイルス感染症対策として衛生管理などは次のように対応します。
なお、これらのことは、新型コロナウイルス感染症だけでなく避難所において重要事項となります。皆さまのご理解と協力をお願いいたします。


避難所の衛生管理など

  • 体温など健康状態の確認を行う。
  • 十分な換気の実施、スペースの確保
    避難所内では、十分な換気に努めるとともに、避難者が十分なスペースを確保できるように努める。
  • 避難所での基本的な感染症対策の徹底
    避難をされた方には、マスクの着用、手洗い、うがいなどの基本的な感染症対策をお願いする。
  • 外の菌などを持ち込まないよう、土足厳禁を徹底する。
  • ごみの分別収集を徹底するとともに、ゴミ集積場を清潔に保つ。
  • トイレの衛生管理に、十分注意を払う。
  • 避難所の清掃を心がける。
  • 発熱、咳などの症状が出た方の区別スペースを確保する。




自宅での安全確認、親戚や友人の家などへの避難の検討

土砂崩れや洪水などの恐れがなく、自宅で十分な安全確保が可能な場合は、避難所に行く必要はありません。本当に避難所に行く必要がある方を適切に受け入れられるよう、ご理解とご協力をお願いいたします。

避難所外避難者への支援

避難所以外に、自動車やテントなどで避難する場合、倒木などに気を付け、十分な安全確保をするとともに、エコノミークラス症候群に気を付けましょう。市では、避難スペースの確保、食料・物資の提供、情報の提供、避難所等への移動など、必要な支援に努めます。

事前にできる準備

  • 1つの避難所で受け入れることのできる人数が減るため、自宅周辺の複数の避難所を、ハザードマップや市のホームページなどで確認しておきましょう。市からは、避難所の受け入れ人数などの情報をメール等によりお知らせします。
  • 避難所が過密状態になることを防ぐため、可能な場合には、安全な親戚や友人の家などへの避難ができるよう、あらかじめ連絡をとるなどのご協力をお願いします。
  • 食料や水、毛布など、避難生活に必要なものを準備しておきましょう。
    また、避難する際にはマスクを着用し、可能であれば、アルコール消毒液や体温計など、感染症予防に必要なものも持参しましょう。


家庭内備蓄

災害発生から災害復旧まで(目安:3日~5日)の間に必要なものを用意しておきましょう。
家庭内備蓄品リスト

家庭内備蓄品リスト

□食品

※食品ごとに保存期限があります。ローリングストック法で食品ロスを防ぎましょう。

□缶詰やレトルト食品 □カップ麺 □チョコレートなど

非常食にとらわれず、常温保存ができる自分や家族の好きな食品を備えておくことも大切です。

□水

□飲料水(大人1日3ℓが目安)

□生活用水:風呂の水などを活用しましょう。

炊事(湯煎等)、洗濯、トイレ等で使用します。

□燃料

□卓上コンロ □予備ボンベ □キャンプ用コンロ

□キャンプ用かまど □七輪 □薪・炭・練炭など

□日用品・その他

□持病薬など医薬品 □マスク □消毒液 □携帯トイレ □ティッシュペーパー □ウエットティッシュ 

□寝袋 □ラジオ □懐中電灯 □乾電池 □防水シート

このリストは、一般的なものを例示しています。ご家庭の状況で必要なものを準備しましょう。

なお、衣類や調理器具など日常使用するものは、リストにあげていません。

ローリングストック法

各家庭での備蓄については、非常用食料品や飲料水等を購入しなくても、普段から購入しているペットボトル飲料水や食料品等を賞味期限を迎えるまでに計画的に使用し、同様の物を新たに 買 い足すというローリングストック法で備蓄することができます。「(1)備える(2)食べる(3)買い足す」を繰り返して、計画的に備蓄していきましょう。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所 総務部 地域防災課
電話: 防災係 内線2343、2344

新型コロナウイルス感染症対策・避難所の衛生管理などについてへの別ルート

ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)