ページの先頭です

第16回市民解説員発表会のお知らせ

[2018年1月27日]

第16回市民解説員発表会が開催されます

  テーマ : ~あきる野の風土が育んだ文化~

1 特別講演

○演題 「時代を越えて「五日市憲法」が放つ光」~深沢家土蔵内で出会ってから50年~

○講師 新井勝紘氏(元専修大学教授)

2 市民解説員口頭発表

 市民解説員は、人材養成講座ふるさとあきる野市民カレッジ「歴史・文化コース」から誕生した地域で中心となって活動する学習ボランティアで、習得した知識・技術を、ふるさとあきる野のすばらしさとともに、多くの人々に伝えていくこととしています。

 平成29年度は、66名の解説員が「市内探訪」、「五日市郷土館」や「二宮考古館」での展示解説、小学校の社会科見学や市内・市外の団体等からの依頼による臨時解説等で活躍しています。さらに、解説員同士の勉強会等の自主活動とともに、各自がテーマを定め、調査・研究活動を進めています。

 「市民解説員発表会」は、毎年、市民解説員の自主活動等による勉強会及び研究成果の発表等を通じて、市民解説員活動のレベルアップを図ると共に、解説活動のPRにつとめ、市民解説員相互の交流を図ることを目的として開催しています。

 平成29年度は、平成30年2月15日(木曜日)~18日(日曜日)に中央公民館で開催されます。

1 特別講演
  ・平成30年2月15日(木曜日)   10時00分~12時00分
    演 題: 「時代を越えて「五日市憲法」が放つ光」
      ――深沢家土蔵内で出会ってから50年――
    講師: 新井勝紘 氏 (元専修大学教授)

2 市民解説員口頭発表
 ・2月15日(木曜日)   午後1時00分~            
  (1) 「筏--秋川(多摩川流域)の筏稼業」(中村孝雄)         
  (2) 「江川太郎左衛門英龍とあきる野」(小熊孝彦)           
  (3) 「日本国憲法」創られゆく時、そして「誕生」(望月栄子) 
 ・2月16日(金曜日)   午前10時00分~
  (4) 「玄武とは・・・。四神? 岩?」(髙森やす子)                             
  (5) 「地元の神社・寺に因む民話、他」(民話の会)  
     ・ 杉山 美枝・・・・・・「三つの願いの神さま」
     ・ 乙津    昭・・・・・・「熊をくすぐる」
     ・ 三上 甚裕・・・・・「おばけ寺」
     ・ 土居 秀夫・・・・・「竜ずけばけ」
     ・ 船津 英夫・・・・・「牛沼の山王様」
     ・ 川尻 弘幸・・・・・「鈴虫だけが鳴く」
     ・ 河辺 貞子・・・・・「伊達政宗と白萩秘話」
  (6) 「川は偉大な彫刻家」(國吉信男、岡安弘美、池田美智子) 午後1時00分~
  (7) 「自然と文化がコラボする秋留台地の原風景」(吉田幸雄)
  (8) 「古代武蔵野の中心地と湧水」(加藤正昭)        
  (9) 「奇跡の水月湖」(田口昭治)               
  (10)「三内石版石(水と油)」(広藤明人) 
  午後4時30分終了予定         

 

第16回市民解説員発表会プログラム

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

3 展示発表

3 展示発表

  期日 平成30年2月15日(木曜日)~18日(日曜日) 
  時間 午前10時~午後4時 (15日は午後1時から18日は午後3時まで)
  内容 学習成果の展示と作品(藍染、陶器、絵画、写真など)展示
  場所 中央公民館 
  企画・運営 市民解説員発表会実行委員会
  申込み・問い合わせ 中央公民館 ☎559-1221

昨年度の市民解説員発表会の様子(中央公民館3階音楽室)

昨年度の展示発表(中央公民館1階市民ギャラリー)

展示発表(中央公民館1階市民ギャラリー)

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所 教育部 生涯学習推進課
電話: 公民館係 042-559-1221

第16回市民解説員発表会のお知らせへの別ルート

ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)