ページの先頭です

第18回あきる野市「家庭の日」推進事業 絵画・作文・ポスター入賞作品

[2017年10月26日]

平成25年度最優秀作品

各部門の最優秀作品をご紹介します。

幼児の部(絵画)

◎最優秀賞

家庭の日 絵画 最優秀賞

◎平野 美梨華 さん 「みんなではなび」

小学生低学年の部(作文)

◎最優秀賞  岩佐 旺星 さん 「ただのりおじいちゃん」 

 おぼんになる少し前、おはかまいりに行きました。車からおりると、顔からあせがたきのように「ドバーッ。」っと出てきました。
 「おじいちゃん、かわいそう。毎日あついだろーなー。」
 ボクはまず、バケツに水をくみに行きました。冷たくて気もちがよかったから、すこしだけあそんじゃったら、みきにおこられて、そして大ゲンカになってしまいました。
 なかなおりしてから、セブンイレブンで買ってきたお酒とあんパンをおそなえしました。
 この前、サト子おばあちゃんと、とんでんでごはんを食べた時に、「おうちゃんは本当おじいちゃんにそっくりだね。」と言いました。
 ボクの顔と体とそれから、ふざけてしまう所や、みんなを笑わせるせいかくがにているそうです。ボクの生まれてくるずっと前、お母さんが22才の時、交通事こでなくなりました。ボクはただのりおじいちゃんに会って見たかったです。おじいちゃんもそうだったと思います。おじいちゃんを天国へつれていちゃったのは交通事こです。自転車でしん号まちをしていたおじいちゃんの所へスピードを出しすぎた2台の車がぶつかって、スカイラインがおじいちゃんの所にとんできたそうです。おじいちゃんはすごくこわかったと思うしいたかったと思います。
 だから、ぼくは、大人になったら、たぶんめんきょをとると思うけど交通ルールをまもりスピードの出しすぎは、しません。全国の人にここでおねがいします。「せいげんそくどはかならずまもってください。」
 おせんこうにライターで、火をつけて、おはかをタオルできれいにふきました。
 あついから、お水をドバドバかけました。
 手をあわせて、「ぼくは、サッカーと水えいをがんばっています。」とお話しました。みきに、「あんパン食べたいね。」と言ったら、「うん食べたいね。」と言ったので半分こして食べました。あんパンはただのりおじいちゃんの大こう物だったそうです。だから3人で食べているような気がしました。
 お母さんが、「また、おひがんに来ようね。」と言って帰りました。

小学生高学年の部(作文)

◎最優秀賞  野本 陽太 さん 「じじ、ありがとう」

 去年の六月、六時間目が終わってすぐ、お母さんがむかえに来ているからいそいで行くように言われた。ぼくは何だろうと思った。いそいでお母さんの車に乗ったら、お兄ちゃんも来た。お母さんは、あわてている感じだった。
「どうしたの?」
「じじがね、昨日、救急車で病院に運ばれて、脳こうそくで、もう意識がなくて、あぶないの。まだ生きているうちに会いにいこうね。」
それを聞いて、お兄ちゃんはぐっとだまった。
ぼくは頭の中で、
「なんで?なんで?この間会った時は元気だったのに。」
とわけがわからなかった。じじは、何度か入院したけど、リハビリもがんばっていたし、毎日散歩もして、ぼくたちに会うといつもうれしそうにお話ししたり、遊んでくれていた。なのに、そのじじがもう意識がないなんて信じられなかった。お父さんもいっしょに乗って、青梅の病院に行った。
 じじのいる病室に入ると、じじは苦しそうに息をしていた。でもぼくには、ねているように見えた。まだぼくには、じじが死んじゃうなんて信じられなかった。
 お母さんが夜、つきそうことになって、ぼくとお兄ちゃんは、お父さんと家に帰った。
 ぼくは、ふとんに入ってもなかなかねむれなくて、ずっとじじのことだけを考えていた。心の中にじじの思い出がたくさんうかんできた。笑ったりおこられたりたくさんの思い出がある。お父さんもお兄ちゃんも、じじのことを考えていて、ねむれないみたいだった。
 朝になって、いつもどおり学校に行くように言われた。でも授業が始まっても、じじのことで頭がいっぱいだった。
 午後じじに会うと、もうじじは、天国へ行ってしまっていた。ばばとお母さんとお母さんの妹といとこに見とられて、静かに息を引きとったと聞いた。
「最後まで、じじはりっぱだったよ。」
と、ばばが泣きながら言った。じじの顔は、やさしく、笑っているような顔だった。
 告別式の朝、家族でスイカを食べた。じじはそのスイカをぼくと兄ちゃんと、いとこのお姉ちゃんたちに切りわけて、後でとどけようと言って、お昼ねをしたまま意識がもどらなくなった。じじは最後まで、ぼくたちのことを考えてくれていた。スイカは家族で笑いながら
「おいしいね。」
と食べた。そのスイカはいつもよりおいしく感じた。
 最後のおわかれの時、
「じじ、おいしかったよ。ありがとう。」
と、言って見送った。
 今でもあのスイカの味はわすれられない。だってじじの心のこもった世界一のスイカだから。

中学生の部(ポスター)

◎最優秀賞

家庭の日 ポスター 最優秀賞

◎齋藤 ちひろ さん 「笑顔あふれる家族の食卓」

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所教育部生涯学習推進課

電話: 生涯学習係 内線3011/文化財係 内線3013/公民館係042-559-1221

お問い合わせフォーム


第18回あきる野市「家庭の日」推進事業 絵画・作文・ポスター入賞作品への別ルート

ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)