ページの先頭です

平成29年度高齢者肺炎球菌予防接種(定期接種)について

[2017年4月1日]

高齢者肺炎球菌予防接種(定期接種)ワクチン費用を公費助成します

高齢者の肺炎の多くは、肺炎球菌という細菌によって引き起こされます。また、肺炎球菌が原因で、気管支炎、副鼻腔炎、中耳炎、髄膜炎などになることもあります。

肺炎球菌ワクチンは、肺炎のすべてを予防するワクチンではありませんが、接種することによって予防効果が期待されます。

▽平成29年度の対象者

いずれも市内在住で、今までに自費・公費を問わず、肺炎球菌ワクチンの接種を受けたことがない方

対象者(1)

平成29年度中に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となる方。

※今年度に限り定期接種としての公費助成が受けられます。公費助成を受けての接種をご希望の方は、今年度中に接種を受けてください。

対象者(2)

60歳以上、65歳未満の方で、心臓、腎臓または呼吸器の機能障害や、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能障害により、身体障害者福祉法の規定による身体障害者手帳の交付を受けており、その障害の程度が1級の方

▽接種回数

 1人1回

▽接種方法

対象者(1)

接種を希望される方は、今年度接種対象の方に送付しました通知及び健康保険証を持って、「平成29年度高齢者肺炎球菌ワクチン個別予防接種実施医療機関」で指定医療機関をご確認の上、接種してください。

対象者(2)

個別に通知等は送付しておりません。接種を希望される方は、身体障害者手帳を持って、「平成29年度高齢者肺炎球菌ワクチン個別予防接種実施医療機関」で指定医療機関をご確認の上、接種してください。

「平成29年度高齢者肺炎球菌ワクチン個別予防接種実施医療機関」

▽接種費用

各指定医療機関の定める接種費用から市助成額を除いた差額が自己負担額となりますので、接種した医療機関へお支払いください。また、医療機関によって接種費用が異なり、初診料などがかかる場合がありますので、必ず事前に確認してください。

*市助成額は4,000円です。差額を医療機関へお支払いください。

*生活保護受給者と中国残留邦人等支援給付受給者の方は、全額免除になりますので、受給者証明書を接種時に医療機関へ提出してください。

接種対象外の方や再度の接種を希望される方は、全額自己負担となります。

▽その他

過去に高齢者肺炎球菌ワクチンの予防接種を受けたことがある方は公費助成対象外です。

公費接種対象外の方で接種を希望される方、過去に接種を受けたことがあるが再度の接種を希望される方は、全額自己負担での任意接種となります。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所 健康福祉部 健康課
電話: 予防推進係 内線2668、2669

ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)