ページの先頭です

平成26年度の主な税制改正

[2017年7月7日]

個人住民税の均等割税率の変更

東日本大震災からの復興に関し、地方公共団体が実施する防災のための瀬策に必要な財源を確保することを目的として、平成26年度から平成35年度までの10年間について、市民税及び都民税の均等割額は、それぞれ、これまでの金額に500円を加算した金額となります。
均等割の税率
 平成18年度~平成25年度 平成26年度~平成35年度 
市民税 均等割額 3,000円3,500円
都民税 均等割額1,000円1,500円
 合計4,000円5,000円 

給与所得控除の上限設定

平成25年1月1日以降に支払うべき給与等について、その年中の給与等収入金額が、1500万円を超える場合の給与所得控除に、245万円の上限が設けられました。
給与所得の算出表(抜粋)
 現行(平成25年度まで )
給与収入金額給与所得金額 
 10,000,000円以上給与収入金額×0.95-1,700,000円 
  
 改正後(平成26年度から )
 給与収入金額給与所得金額 

 10,000,000円以上~15,000,000円未満

給与収入金額×0.95-1,700,000円 
15,000,000円以上給与収入金額-2,450,000円

ふるさと納税に係る寄附金税額控除の変更

地方公共団体に寄附(ふるさと納税)を行った場合、所得税の寄附金控除と個人住民税の寄附金税額控除により、寄附金額のうち2,000円を超える額について全額控除できる仕組みとなっています。

寄付金税額控除は、基本控除額と特例控除額の合計となります。

平成25年から国税で復興特別所得税が課税されることに伴い、所得税で寄附金控除の適用を受ける場合は、復興特別所得税分へも反映するため、ふるさと寄附金に係る住民税の特例控除額が調整されます。

●平成25年度まで

<基本控除額>

市民税:(寄附金額-2,000円)×6%

都民税:(寄附金額-2,000円)×4%

<特例控除額>

(寄附金額-2,000円)×(90%-寄附者の所得税率:0%~40%)

市民税:上記金額の3/5

都民税:上記金額の2/5


●平成26年度から

<基本控除額>

市民税:(寄附金額-2,000円)×6%

都民税:(寄附金額-2,000円)×4%

<特例控除額>

(寄附金額-2,000円)×(90%-(寄附者の所得税率:0%~40%)×1.021

市民税:上記金額の3/5

都民税:上記金額の2/5

上場株式等の配当等・譲渡所得等の軽減税率の廃止

平成26年1月から、上場株式等の配当等・譲渡所得等に係る税率が、軽減税率(市民税1.8%、県民税1.2%)から本則税率(市民税3%・県民税2%)に変更になります。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所市民部課税課

電話: 市民税係 内線2431/土地資産税係 内線2435/家屋資産税係 内線2437

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)