ページの先頭です

アーティスト・イン・レジデンス事業

[2017年9月25日]

ENGLISH

アートスタジオ五日市レジデンス事業は、国内外で活躍中の 版画を制作する若手芸術家を招へいし、国籍を越えて芸術家が共に創作する機会を提供し、若手芸術家の発掘・育成を図るとともに、作品の発表や芸術家と地域住民等との交流を図ることにより、芸術や異文化についての相互理解を深め友好親善の促進に寄与することを目的として、あきる野市教育委員会が主催し、アートスタジオ五日市運営委員会が運営する事業です。

 

アートスタジオ五日市外観

アートスタジオ五日市外観

平成29年度招へいプログラムが始まりました!!

写真左から、李 彦蓁(り・げんしん)さん(台湾)、所 彰宏(ところ・あきひろ)さん、滝澤 徹也(たきざわ・てつや)さん
9月1日(金曜日)からアートスタジオ五日市での滞在が始まりました。アーティストは11月30日(木曜日)までの滞在中、版画製作を行いながら地域での交流活動やワークショップを行い、11月下旬に版画展を開催する予定です。

二宮神社秋季例大祭(生姜祭り)を見学しました!!

9月8日(金曜日)・9日(土曜日)に行われた二宮神社秋季例大祭(生姜祭り)を見学しました。

市役所を訪問しました!!

9月8日(金曜日)にあきる野市役所を訪問し、私市 豊教育長にご挨拶しました。

五日市小学校の朝礼で挨拶しました!!

9月4日(月曜日)に五日市小学校の朝礼にお邪魔して、児童の皆さんの前で自己紹介しました。

【参考】平成29年度招へいアーティスト募集!!(※募集は締め切りました)

平成29年度募集要項

●募集人数

外国人1人、日本人2人、計3人

●招へい期間

平成29年9月1日から11月30日までの3か月間

●招へいの条件

(1)外国人
※日本と国交のある外国籍を有する個人で、原則として40歳以下の者
※日常会話が可能な程度の英語の言語能力を有し、健康である者
※他の招へい者との共同生活や創作活動において、協調性を有する者
(2)日本人
※日本国籍を有し、原則として40歳以下の者
※日常会話が可能な程度の英語の言語能力を有し、健康である者
※他の招へい者との共同生活や創作活動において、協調性を有する者

●助成

(1)招へい者に対し、アートスタジオ五日市レジデンス助成として、招へい期間中に月々8万5千円を支給します。
(2)外国人招へい者に対し、居住地から日本までの往復の航空運賃を支給します。ただし、12万円を限度とします。

●応募方法

(1)所定の「アーティストインレジデンス事業申請書」、作品10点をJPEG方式で取り込んだCD-ROMまたはDVD-ROMおよび作品説明を、平成29年6月22日(木曜日)までにあきる野市教育委員会に提出してください。
(2)申請書には、推薦者(機関)のコメントが必要です。

●招へい者の決定及び連絡

招へい者の決定は、アートスタジオ五日市運営委員会が行い、平成29年7月10日(月曜日)までに応募者及び申請者に連絡します。

●選考委員

※池田良二 氏(武蔵野美術大学名誉教授)
※滝沢恭司 氏(町田市立国際版画美術館学芸員)
※生嶋順理 氏(東京造形大学教授)
※木村繁之 氏(版画家)
※吉田亜世美 氏(版画家)
※土士田一男 氏((元)戸倉東部自治会長)
※内倉雅美 氏(戸倉西部自治会員)

●作品の寄贈

招へい者は、招へい期間終了時において、2種類以上の作品をあきる野市に寄贈していただきます。寄贈作品の選定は、アートスタジオ五日市運営委員会が行います。また、寄贈作品の所有権及び版権はあきる野市に帰属します。

●注意事項

アートスタジオ五日市運営委員会は、招へい者を対象とする傷害保険に加入しますが、補償範囲外の事故・病気などは、招へい者の責任となります。

アートスタジオ五日市備品リスト

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所教育部生涯学習推進課

電話: 生涯学習係 内線3011/文化財係 内線3013/公民館係042-559-1221

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)