ページの先頭です

狭い道路に面して家を建てるとき

[2015年3月24日]

狭い道路(建築基準法第42条第2項道路)に面して家を建てるとき

市内には、幅員4メートル未満で建築基準法第42条第2項(みなし道路)に指定されている狭い道路がたくさんあります。これらの狭い道路は、日常生活に不便なばかりでなく、特に住宅密集地で火災などが発生した場合は、消火活動に支障をきたし災害を大きくする原因ともなります。また、清掃作業にも支障をきたす場合もあり、市民生活上早い時期に狭い道路を幅員4メートル以上に拡幅整備していかなければなりません。そこで、安全で快適なまちづくりとするため、市では次のような内容を骨子とした要綱を作成し、建築確認申請書が提出された敷地に面する狭い道路から順次拡幅整備を図ることにいたしました。これから建物等を建築される方は、趣旨をご理解のうえご協力くださるようお願いいたします。

後退杭の埋設

建築基準法第42条第2項(みなし道路)に指定されている道路に面した敷地に新築・増築または改築するときは、みなし道路の境界線に以下の事項に留意して後退杭を埋設してください。(後退杭は無償で差し上げます)

  1. 建物や塀等が後退線上にある場合は、撤去してから後退杭を埋設してください。
  2. 後退前の道路が不明確な場合は、道路境界を明確にしてから後退杭を埋設してください。
  3. 塀または門のみを施工する場合も、後退線へ後退杭を埋設してから築造してください。

税の措置

後退用地が、一般の公衆の用に供する道路形態として確認されると固定資産税及び都市計画税(市街化区域のみ)を減免します。

舗装工事

後退杭が埋設され、舗装可能な状態か確認後、舗装工事を市で行います。また、工事等の施行日時については、建築主と協議のうえ、決定することになります。

手続き等について

次の書類をあきる野市に提出してください。
 必要書類 必要部数
 (1)後退用地の無償使用承諾書  1部
 (2)土地所有者の同意書(土地が借地のとき) 1部
 (3)固定資産税(都市計画税)減免申請書 1部
 (4)固定資産税(都市計画税)非課税申告書 1部
 (5)案内図 2部
 (6)配置図 2部
 (7)公図写し 2部
 (8)後退用地部分の求積図 2部

※各種様式は、下記よりダウンロードしてお使いいただけます。

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
Word Viewer の入手
docファイルの閲覧には Microsoft社のWord Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Word Viewer をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所 都市整備部 都市計画課
電話: 指導係 内線2713

狭い道路に面して家を建てるときへの別ルート

ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)