ページの先頭です

社会保障・税番号制度(マイナンバー)

[2015年10月5日]

社会保障・税番号制度(マイナンバー)

社会保障・税番号制度(マイナンバー)について

平成25年5月に「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」が成立しました。これに伴い、市民の皆さま一人ひとりに12桁のマイナンバー(個人番号)が付番され、平成27年10月に通知されます。さらに、事業者の皆さまには1法人1つの法人番号(13桁)が通知されます。

平成28年1月から、行政を効率化し、市民の利便性を高め、公平・公正な社会を実現する社会基盤として、社会保障・税・災害対策分野で活用が開始されます。

詳しくは、内閣官房のホームページ「社会保障・税番号制度」(別ウインドウで開く)をご覧ください。

事業者の方は、国税庁のホームページ「社会保障・税番号制度<マイナンバー>について」(別ウインドウで開く)も合わせてご覧ください。

【マイナちゃん】番号制度イメージキャラクター

【社会保障・税番号制度パンフレット】

   社会保障・税番号制度についてA4用紙4ページでまとめたパンフレットを用意いたしましたので、是非ご活用ください。

【主なスケジュール】

  • 平成27年10月  住民票を有する全ての市民に12桁のマイナンバー(個人番号)が通知されます。
               法人の皆さまには13桁の法人番号が通知されます。
  • 平成28年  1月   マイナンバーは、社会保障、税、災害対策の行政手続で利用します。希望者には、個人番号カード
                (顔写真付きのICカード)が交付されます。
  • 平成29年  1月   国の機関同士での情報連携が開始されます。
  • 平成29年  7月   地方公共団体等でも情報連携が開始されます。

【マイナンバーにより変わること】

  • より正確な所得把握が可能となり、社会保障や税の給付と負担の公平化が図られます。
  • 真に手を差し伸べるべき者を見つけることが可能となります。
  • 大災害時における真に手を差し伸べるべき者に対する積極的な支援に活用できます。
  • 社会保障や税に係る各種行政事務の効率化が図られます。
  • ITを活用することにより添付書類が不要になる等、利便性が向上します。

【マイナンバー利用にあたっての注意点】

  • マイナンバーは一生使うものです。大切にしてください。
  • 法律で定められた目的以外でマイナンバーを利用したり、他人に提供したりすることはできません。
  • (注意)他人のマイナンバーを不正に入手したり、正当な理由なく提供したりすると、処罰されることがあります。

【よくある質問(FAQ)】

   社会保障・税番号制度についてのよくある質問を紹介しますので、ご参考ください。

内閣官房FAQ

【マイナンバーコールセンター】

マイナンバーコールセンター

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所総務部情報システム課

電話: 情報システム係 内線2351、2352

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)