ページの先頭です

平成22年4月~6月

[2011年6月15日]

児童館(学童クラブ)への入会について

意見等

 子どもが二人おり、新1年生になる次女は学童クラブに入会できましたが、新3年生になる長女は4月1日から待機児童になります。

 つい最近、長女と同じく待機児童になっていたお友達が、兄弟がいないのに入会できることになりました。そのご家庭とは勤務時間が同じなのに、なぜ我が子は入会できないのでしょうか。

回答

学童クラブの入会審査は、保護者の勤務状況や児童の学年などを基に、児童ごとに判定しますので、姉妹で揃って入会できない場合があります。

なお、市内には、定員に余裕のある学童クラブがありますので、一度市役所にご相談ください。

 

 

(平成22年4月 - 受付番号124号)担当課:児童課


市民の意見が市議を通して市議会で市長に届くシステムの確立について

意見等

市民が不便に感じていることやもっと便利にしたいことなどを、市議を通して市議会で市長に届くシステムを確立してください。

回答

市民の代表である議員は、市民の意見や要望を市政に反映させるといった役割を担っております。市民の皆様から請願(陳情)書としてご意見やご要望をお受けしたときは、議会の手続きに従い、十分な審議を行い、採択されたものについては、市政へ反映させるよう努めます。

請願や陳情は、市民の皆様が、直接、市議会に意見や要望を伝えるもので、必要事項を記載した書面を市役所の議会事務局へ提出していただくこととなります。

なお、請願の場合は、紹介議員の署名が必要となります。

 

(平成22年4月‐受付番号3号)担当課:議会事務局


「ダンボール堆肥の危険性」について

意見等

ダンボール堆肥は、土のことに関する専門家の方の話によると土を汚染したり、カビ毒、ウイルスの発生などにより大変危険だということです。

他のごみ削減のやり方はないのでしょうか?

回答

ダンボール方式による生ごみ堆肥は危険ではないかとのご意見についてですが、ダンボール方式にも米ぬかと腐葉土で行なう場合と、ピートモストともみ殻くん炭で行なう場合があります。

市で進めているのは後者の方式であり、現在、この方式の製品を購入し、講習会を開催しながら普及に努めておりますが、この製品の販売元の東京農工大学に成分分析を依頼したところ、堆肥として使用可能な値であると報告を受けております。

投入する生ごみも人によって様々ですので、この分析結果がすべてではないとは思いますが、実践した方に行なっているアンケートでも、良い堆肥が出来た、という意見をいただいております。

 

 

(平成22年5月 - 受付番号15号)担当課:環境課


「平井川の橋を新設する工事」について

意見等

平井川の橋を新設する工事(高瀬地区から平沢へ掛かる橋)を止めてもらいたい。

ちょうど湧水が集まりホタルが繁殖している場所が潰されようとしています。

またその周辺に生えている木々には夏になるとカブト虫が集まり、親子が虫獲りを楽しんでいます。

回答

市内の幹線道路網は、東西方向に比べ南北方向の道路整備が遅れており、本路線の付近では、小学校の通学路や生活道路に通過車両の進入があり、住民の安全が脅かされております。

そのため本路線を整備することにより、混雑の緩和や通学路、生活道路における歩行者の安全確保、地域の防災性の向上が図られます。

なお、事業を進めるに当たって東京都では「東京における自然の保護と回復に関する条例」などに基づき、十分な環境保全対策を講じており、更に環境調査や施行方法等についても専門家の意見を聞きながら環境局と協議し、工事を実施しております。

 

(平成22年5月 - 受付番号16号)担当課:建設課


「市役所屋上の開放」について

意見等

市役所の屋上は、景色も良く写真撮影等に使用したい場所なので、是非開放してほしい。

回答

「市役所屋上の開放」についてですが、平成13年5月7日の庁舎開庁時においては、屋上を開放しておりましたが、いたずらをする人などがいたため、やむなく開放を取りやめた経過がございます。

現在は、屋上を見学したいとのご要望があれば職員が鍵を開け対応しております。

 

 

(平成22年6月 - 受付番号22号)担当課:総務課


「公園にバスケットゴールを設置してほしい。」について

意見等

記載なし

回答

市内には数多くの公園があり、それぞれ目的や規模に沿って、市民の皆様に安全で快適な場として提供できるよう管理しています。

公園は、お年寄りから幼児まで不特定多数の方が利用いたします。

そのため、安全面への配慮や近隣の方への騒音などの配慮から、新たなバスケットゴールの設置は考えておりません。

なお、秋川駅北口ルピア東側には、既に土地区画整理事業で設置した「秋留野広場」内にバスケットゴールがあります。また、屋内となりますが、市の体育施設や学校の体育館も開放しておりますので、ご利用いただきたいと思います。

 

(平成22年6月 – 受付番号23号)担当課:管理課


「学童クラブ入会児童でない児童の児童館利用」について

意見等

学童クラブに入会していなくても、児童館の利用や児童館行事等へ参加できますが、現在、児童館等は館内での飲食は学童クラブに入っているお子さんにしか認められておらず、入っていない子ども達にはお昼ご飯を食べることは認められていません。長期休みの期間に限って等、あらかじめ登録することでお昼ご飯を食べることはできないでしょうか。

回答

市では、一定の要件を満たす方については、児童館へ手続きすることで、放課後直接児童館へ行けること、土曜日や学校休業日にはお弁当を持って児童館へ行けることを特例として既に認めています。

手続きについては、健康福祉部児童課へお問い合わせください。

 

(平成22年6月 - 受付番号28号)担当課:児童課

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所企画政策部市長公室

電話: 内線2221、2222、2223 ファックス: 042-558-1113

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)