ページの先頭です

菅生若宮地区子ども体験塾(モデル事業)

[2015年9月25日]

~ 森から学び、育む 郷土愛 自然愛 ~

菅生若宮地区子ども体験塾とは

 子どもたちがふるさとの自然に触れ、学ぶことは、地元あきる野に誇りを持ち、郷土愛や自然愛を育む上でとても大切なことです。

菅生若宮の森入口

 「郷土の恵みの森構想」のモデル事業として、市が所有する菅生若宮地区の森林を活用して、体験的な環境学習などができる「子ども体験塾事業」を、平成21年度に実施しました。
 この事業により、地域の皆さんや市内の小・中学校と連携して、子どもたちが「感動」を発見できるよう、かつての里山遊びを再現しています。〔画像をクリックして拡大表示〕

菅生若宮の森にすむ生きものたち

 菅生若宮の森には、様々な生きものたちがすんでいます。

 これから森を、更に豊かに、もっと多くの生きものがすめるようにするために、生物多様性に配慮した豊かな恵みの森づくりを進めています

アカスジキンカメムシ幼虫






この模様、何に見えますか?
(アカスジキンカメムシの幼虫)
〔画像をクリックして拡大表示〕

お知らせ/ニュース

第2回 菅生若宮地区子ども体験塾

【おしらせ】-冬の里山探検隊-を開催しました!!(平成22年2月14日)

 市内の小学生による森での落ち葉かき、しいたけのほだ木や竹とんぼ作りなどの里山体験活動を行いました。

雪が積もって真っ白な菅生若宮の森

 昨年8月に開催した菅生若宮地区子ども体験塾(里山探検隊)の第2弾として、「冬の里山探検隊」を開催しました。
 前日に降った雪で、森全体が真っ白に雪化粧をしていましたが、久々に顔を出した太陽と活動に熱中した子どもたちの熱気によって、あっという間に融けてしまいました。
 午前中は落ち葉かき、午後は森の広場でシイタケのほだ木や竹とんぼ作りをしました。みなさん冬の里山を満喫したことと思います。〔画像をクリックして別画像を表示〕

【おしらせ】 -冬の里山探検隊-募集中!!(終了しました。)

 菅生若宮地区子ども体験塾事業実行委員会では、夏休みに開催し、多くのお子さんと保護者の方々に参加いただいた里山探検隊(菅生若宮地区子ども体験塾)を、冬も開催することになりました。木の枝や落ち葉、竹など森の恵みを使った楽しい活動を予定しています。

詳しくは、こちらの募集内容、または広報あきる野平成21年12月15日号7ページをご覧下さい。

※申込み先は市役所ではありませんので、ご注意ください。

第1回 菅生若宮地区子ども体験塾

【おしらせ】 -里山探検隊-に関する展示を実施しました。

 8月23日に開催した「第1回菅生若宮地区子ども体験塾(里山探検隊)」の結果などを紹介した展示を実施しました。

 ・ 展示期間 9月28日(月)~10月3日(土)
 ・ 展示場所 市役所1階コミュニティーホール

 

展示会場の様子

 菅生若宮子ども体験の森の概要説明、当日の活動状況を撮影した写真やDVD映像の上映、班毎の活動状況のまとめ、セミのぬけがら調査結果、若宮の森にすむセミ図鑑、里山の昆虫標本などの展示を行いました。

【おしらせ】 -里山探検隊-を開催しました。(平成21年8月23日)

 市内の小学生による森での生き物探し、山の手入れ体験などを実施しました。

 

全体説明

 探検に出発する前に、森にすむ生きものたちの話、この森は人間だけでなく、ここにすむ生きものたちにとっても恵みの森であることなど、里山の重要性についての話がありました。
 この後、グループに分かれて森の中で生きものを探しながら探検をしました。午後は森の広場周辺の下草刈り、菅生交流会館でとりまとめを実施しました。夏休みの楽しい体験になったことと思います。〔画像をクリックして拡大表示〕

菅生若宮地区子ども体験塾事業実行委員会の活動

【おしらせ】子ども体験塾実施会場の草刈等の整備を実施しました。(平成21年8月3日)

 実行委員会を中心としたメンバーで、生い茂ったササの原っぱを刈払い、子ども体験塾の開催に向けたフィールド整備を行いました。

 

草刈り前の森の様子

 ササが背丈ほどに繁茂しているため、見通しがきかず、道からはずれて歩くことができないため、子どもの自然体験には適さない状態でした。
 また、ササの繁茂によって地表まで太陽の光が当たらず、他の植物が成長しにくい環境であるため、生物多様性の観点からも、健全な環境であるとはいえない状態です。〔画像をクリックして拡大表示〕

草刈りの様子

 実行委員会のメンバーと地元町内会、あきる野青年会議所のご協力をいただき、周囲を覆っていたササや支障木などが除去されました。〔画像をクリックして拡大表示〕

草刈り後の様子

 草刈り作業後には、予想以上に広いスペースが現れました。この森の広場はイベント開催時に全体説明や休憩スペースなど、体験活動の拠点として利用します。〔画像をクリックして拡大表示〕

【おしらせ】菅生若宮地区子ども体験塾事業実行委員会で現地視察をしました。(平成21年6月21日)

 実際に現地を踏査し、森林の概況把握、危険な場所等の点検を行い、今後の利活用方法や整備箇所などを確認しました。

【おしらせ】菅生若宮地区子ども体験塾事業実行委員会を立上げました。(平成21年6月2日)

 菅生、四軒在家、小宮久保の3町内会長、あきる野青年会議所理事長、地元の環境教育に精通した方を構成メンバーとした「菅生若宮地区子ども体験塾事業実行委員会」を立上げました。同地区の森林を活用した子ども体験塾事業に関する全体計画やスケジュールについて検討を行いました。

関連コンテンツ

菅生若宮子ども体験の森事業

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所 環境経済部 環境政策課
電話: 環境の森推進係 042-588-5173(直通)

ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)