ページの先頭です

ウメ輪紋ウイルス(プラムポックスウイルス)の緊急防除について

[2011年2月3日]

 昨年、あきる野市を含む東京都内の市町村でウメ輪紋ウイルス(プラムポックスウイルス)に感染したウメの木が確認されました。この病気は人や動物に感染することはなく、果実を食べても健康には影響がありませんが、モモやアンズに広がると果実の奇形や早期の落果など、大きな農業被害が発生するおそれがあります。

 農林水産省は、この病気のまん延を防止するため、緊急防除省令を施行して、昨年2月から緊急防除を行っています。その後の調査で、このウイルスがさらに広い地域で発見されたため、防除区域を追加する緊急防除省令の改正が行われ、平成23年2月10日から施行されます。昨年から指定されている地域とあわせた下記の区域内では、感染する可能性のある植物(規制対象植物)の区域外への移動制限や、感染樹等の廃棄(伐採・抜根)が実施されます。また、防除区域外であっても感染樹の調査が継続して実施されます。

 この防除措置は、農地のウメの木だけでなく、各家庭の庭木や盆栽等についても対象となりますので、住民のみなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

 

防除区域(*は今回追加された地区) 

あきる野市雨間、野辺、*小川、二宮、平沢、*平沢東一丁目、平沢西一丁目、切欠、秋川一~六丁目、秋留一~五丁目、草花、菅生、瀬戸岡、原小宮、原小宮一~二丁目、*引田、渕上、上代継、下代継、牛沼、油平、*山田、*上ノ台、*網代、*伊奈、*横沢、*三内、*五日市、*小中野、*小和田、*留原、*高尾、*舘谷、*入野、*深沢、*小峰台、*舘谷台

(ほかに青梅市、日の出町の全域、八王子市、*羽村市、奥多摩町の一部)

 

感染する可能性のある植物(規制対象植物) 

サクラ属(ウメ、モモ、スモモ、アンズ、サクラ(オウトウ)、ユスラウメなど)、セイヨウマユミ、ナガバクコ、セイヨウイボタの生植物(苗、植木、盆栽、切り花、切り枝など)

ただし、種子、果実は除く。

 

防除区域

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

東京都農業振興事務所振興課農業環境係 042-548-5052
横浜植物防疫所輸出・国内検疫担当   045-211-7155
あきる野市役所 環境経済部 農林課農政係 内線2521

ウメ輪紋ウイルス(プラムポックスウイルス)の緊急防除についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)