ページの先頭です

医療費の助成

[2015年9月16日]

心身障害者医療費の助成(マル障)

 重度の心身障がい者の方に東京都が医療費(保険診療分)の自己負担額の一部を助成します。

対象者

 身体障害者手帳1級、2級(内部障がいの場合は3級まで)または愛の手帳1度、2度の方で各種健康保険に加入している方

対象除外

 健康保険未加入者、生活保護受給者、所得が一定額を超える方、65歳以上の新規申請者、住民税が課税されている後期高齢者医療受給者等は対象になりません。

助成の内容

 保険診療で受診した医療費の自己負担分から、下記の「自己負担額」を差し引いた額を助成します。

自己負担額

住民税が課税されている方

  • 外来のみの場合

  医療費の1割(限度額は1か月12,000円)

  • 入院を含む場合

  医療費の1割(限度額は、1か月44,400円)、食事療養費標準負担額(1食260円)

 

住民税が非課税の方

  • 外来のみの場合

   一部負担はありません。

  • 入院を含む場合

   食事療養費標準負担額(1食260円)

※所得の状況などによっては軽減されることがあります。軽減手続きについては、加入する医療保険にお問い合わせください。

自立支援医療(更生医療)の給付

 職業能力を増進、あるいは日常生活の便宜を図るために障がいの程度を軽くしたり、取り除いたりする医療を給付します。対象は、身体障害者手帳の交付を受けている18歳以上の方で、医療の給付が必要と認められた方です。(所得に応じて費用負担があります。)

自立支援医療(育成医療)の給付

身体に障がいのある、又はそのまま放置すると将来障がいを残すと認められる疾患がある児童(18歳未満)で確実な治療効果が期待できる方が対象となります。(所得に応じて費用負担があります。)

進行性筋萎縮症の療養給付

 指定の独立行政法人の病院へ入所又は通所を委託し、必要な治療、訓練及び生活指導を行います。

 対象は、身体障害者手帳の交付を受けている18歳以上の進行性筋萎縮症者で、その治療などに特に長期間を要する方、または15歳以上18歳未満の身体障がい者で通所が適当と判断された方です。(所得に応じて費用負担があります。)

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所 健康福祉部 障がい者支援課
電話: 障がい者相談係 内線2617、2618、2619

ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)