ページの先頭です

老齢基礎年金

[2017年8月1日]

65歳から生涯にわたり受けられる年金

10年以上の保険料納付済期間などが必要です。

 老齢基礎年金は、保険料を納めた月数と保険料の免除などを受けた月数を合わせて、10年(120月)以上ある方が受けられます。

 昭和36年以降の厚生年金保険などに加入していた期間がある場合、その期間は国民年金納付済み期間とみなされます。

 保険料納付済み期間が10年に満たない方の場合

 次の1~4の期間(カラ期間など)と保険料納付済期間などを合わせて10年以上あれば、老齢基礎年金は支給されます。

ただし、このカラ期間などは年金額の計算に入りません。

  1. 昭和36年4月から昭和61年3月までの間で、厚生年金保険、共済組合に加入していた方の配偶者が国民年金に任意加入しなかった期間
  2. 平成3年3月以前に20歳以上の昼間部の学生が国民年金に任意加入しなかった期間 
  3. 昭和36年4月以降、厚生年金保険の脱退手当金を受けた期間や共済組合の退職一時金を受けた期間
  4. 昭和36年4月以降、20歳以上60歳未満の日本人で外国に在住していた期間

※平成29年7月31日までは、保険料納付済等期間が25年以上必要でした。

老齢基礎年金の年金額

平成29年度の老齢基礎年金の満額は779,300円です。

  •  20歳から60歳になるまでの40年間(480月)分の保険料をすべて納めた方が、満額の年金を受給できます。 
  •  学生納付特例、納付猶予の承認を受け、その後、追納しなかった期間や保険料の未納期間は年金額には反映されません。
  •  第1号被保険者や任意加入被保険者で付加保険料を納めた期間は、付加年金が上乗せになります。

 付加年金額の計算式は、関連リンク <第1号被保険者の独自給付

支給開始年齢は原則65歳です。

 老齢基礎年金は、65歳から受給できます。

  関連リンク <裁定請求書の事前送付> をご覧ください。

 本人の希望により、60歳から65歳になる前に繰上げて請求したり、66歳から70歳になる月までの間に繰下げて請求することができます。

  • 60歳から65歳未満で受け始めることを繰上げ受給といいます。
  • 66歳以上で受け始めることを繰下げ受給といいます。

関連コンテンツ

老齢基礎年金

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所 市民部 保険年金課
電話:年金係 内線2425
青梅年金事務所
電話:0428-30-3410

ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)