ページの先頭です

住宅借入金等特別税額控除

[2014年10月23日]

概要

住宅借入金等特別税額控除とは、住宅ローンを利用してマイホームの新築、購入、増改築等をしたとき、所得税の住宅借入金等特別控除の適用を受けている方で、所得税から控除しきれなかった額を、翌年度の個人住民税(市・都民税)から控除する制度です。

対象者

(1)平成13年1月1日から平成13年6月30日まで、平成18年1月1日から平成18年12月31日までに入居し、平成18年分以前に所得税の住宅ローン控除を申請している方のうち、税源移譲前の所得税額では控除することができた住宅ローン控除額が、税源移譲後の所得税額では控除しきれなくなった方。

(2)平成21年1月1日から平成33年12月31日までに入居し、所得税の住宅ローン控除を申請している方のうち、所得税額では控除しきれなかった方。

※ 平成19年及び平成20年に入居し、所得税の住宅ローン控除を申請されている方については、個人住民税の住宅ローン控除は適用されません。ただし、所得税において各年の控除率を引き下げたうえ控除期間を15年に延長する特例措置が創設されています。

※ 所得税が非課税で住宅借入金等特別控除が適用されなかった場合は、住民税の税額控除の適用はありません。

申請方法

初年度の方は税務署での確定申告が必要になります。2年目以降は、勤務先の年末調整で住宅借入金等特別控除の適用を受けた方は申告書の提出は不要です。それ以外の方は確定申告が必要です。

個人住民税(所得割)から控除できる額

 ・以下のそれぞれにおいて(1)または(2)のいずれか小さい額が控除されます。

平成13年1月~6月末、平成18年1月~12月末、平成21年1月~平成26年3月末までに入居した方

(1)前年分の所得税の住宅ローン控除可能額のうち所得税において控除しきれなかった額

(2)前年分の所得税の課税総所得金額等の額に5%を乗じて得た額(97,500円を超えるときは97,500円を限度)

平成26年4月~平成33年12月末までに入居した方で消費税率8%が適用された方

(1)前年分の所得税の住宅ローン控除可能額のうち所得税において控除しきれなかった額

(2)前年分の所得税の課税総所得金額等の額に7%を乗じて得た額(136,500円を超えるときは136,500円を限度)

平成26年4月以降の入居者の控除限度額の拡充は、消費税率引上げに伴う負担軽減を目的としているため、消費税率8%が適用される住宅取引が対象となります。一般個人から中古住宅を購入する場合(消費税が課税されない場合)等は、従来どおりの控除限度額97,500円が適用となります。

外部リンク

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所 市民部 課税課 市民税係     電話:042-558-1682(直通)

住宅借入金等特別税額控除への別ルート

ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)